旧暦1月9日は道教の最高神、玉皇大帝が生誕した日とされている。

写真拡大

旧暦1月9日は道教の最高神、玉皇大帝(玉帝)が生誕した日とされている。台湾台南市出身のカメラマン、KiKi Wangによると、今年は週末(2月5日)とあって玉帝が祭られている廟は例年を超える数の参拝客でにぎわったという。

【その他の写真】

玉皇大帝誕生の日に参拝すると、その一年は幸運に恵まれるという言い伝えがある。今年はちょうど日曜日。参拝客の数はここ数年で最多となった。祈りを捧げる時に用意する金紙だけでもすごい量だ。「春牛」は触れる場所によって異なる幸運を運んでくれる。前年の悪い運を払うための儀式をお願いする人も。ランプに油を注ぎ入れるのも無事を祈るためだ。どれもご加護を受けるために台湾の民間で行われてきた。新たな1年、どうか幸運に恵まれますように。(文章:KiKi Wang/翻訳・編集:野谷)

●KiKi Wang
台湾台南市出身。1980年生まれ。写真と文字で日常のささやかな出来事を記録することが趣味。