小野大輔「また恋をしました」

写真拡大

 声優の小野大輔が25日、新宿ピカデリーで行われた『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第一章』初日舞台あいさつに登壇し、再び始まった「宇宙戦艦ヤマト」の航海に「一緒に旅をしましょう」と呼びかけた。「宇宙戦艦ヤマト2199」の続編となるが、小野は劇中の森雪の私服姿に「また恋をしました」と明かした。この日は桑島法子、鈴村健一、羽原信義監督、シリーズ構成・脚本の福井晴敏も来場した。

 本作は、1978年に公開されたアニメ映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をモチーフに、ヤマトのクルーたちの新たな旅立ちを新たな解釈で描き出すアニメーション。全7章のうちの第1章にあたる。満席の会場にやってきた小野は、「沖田艦長の言葉でヤマトに乗れと言われて緊張していますが、ワクワクしています」と晴れやかな顔であいさつ。

 一方、本作のシリーズ構成・脚本を担当する福井も「私ごとで恐縮ですが、長く愛されているコンテンツ(『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』)で別の宇宙に行ったこともあって。そういう時に気をつけることとしては、何をしたら喜んでもらえるか、ということがあるが、今回のヤマトは前の比じゃなかった。スタッフみんながとにかくうるさかったが、それだけ思いがこもっているということ。観る方もそうだと思いますが、(ヤマトへの)思いの蓄積がすごい。そこを受け止めつつ、現代にやる意味も加えつつ。長丁場になると思いますが、最後までよろしくお願いします」と語った。

 以前は続編をやることに半信半疑だったという小野だったが、「でもアフレコスタジオに一歩入ると、調整室の環境がヤマトのようで。艦長もいれば、真田さんもいて、若いメンバーも変わらずいてくれた。ヤマトはここだ、帰ってくることができたと感じたので、不安はなくなりました」と明かす。クルーの声優には大塚芳忠らベテラン陣も多いが、「周りの方の存在感がすごくて。地球の方なのに敵に囲まれているようなプレッシャーをすごく感じた」と冗談めかした小野だったが、「でも皆さん、気さくにヤマトってこうなんだと言ってくれるので。最初のプレッシャーはありつつも、ヤマトの感覚になった。(沖田艦長役の)菅生隆之さんも、昔は声をかけられなかったが、今では軽い話もできるようになったし、みんなの中で絆が深まったなと思います」としみじみ。森雪役の桑島も「3年後ということで古代君は凜々しい顔をしていて。ただ『雪!』と言っていただけの人じゃなくなった」と笑いながら語ると、小野は「(劇中で)雪の私服姿が出てきて。また恋をしました」と笑顔を見せた。

 そして最後に改めて「この旅はとても長い旅になります。楽しいこと、うれしいことばかりでなく、困難もたくさん襲いかかってくると思います。ただこのキャスト、スタッフであれば乗り越えられると信じています」と決意を語った小野は、客席を見渡して「皆さんのお顔を見ていると、昔からのファン、ここからファンになったという方が同じ船に乗っていることを実感しています。長い旅になりますが、一緒に旅をしていきましょう」と呼びかけた。(取材・文:壬生智裕)

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第一章』は2週間限定公開中