「好きになってよかった!」と思えた素敵男子のエピソード5選

写真拡大

お付き合いをはじめてから、相手のことを少しずつ知っていく中で「想像以上に素敵な人だった!」と、うれしい気づきがあると幸せですよね。そんな風に思えたときは、「この人を好きになって本当に良かった!」と、心の底から思えるのではないでしょうか。今回は女性のみなさんに「好きになって良かった」と感じた男性の特徴について聞いてみました。

■ありのままの自分で

・「今の彼氏です。お互い気をつかいすぎなくても一緒にいてしっくりくる、そういうのってなかなか貴重かなと思えます」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「一緒にいるとすごくリラックスできる男性。やっぱり、自然体になれる相手ってことが重要だから」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

特別なことをしなくても、ありのままの自分をそのまま受け入れてくれる男性は、かなり貴重な存在です。まず自分が「見せてもいいな」と思えることも重要なポイント。二人の相性がピッタリなのでしょうね。

■一番の理解者

・「私の家族で何かあったときや、仕事で悩んでいるときに真剣に自分のことのように考えてくれる男性」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「私が本当に困ったときに、忙しい中でも時間をとって親身に話を聞いてくれたこと」(29歳/金融・証券/事務系専門職)

どんなにつらいことがあっても、たった一人、自分の理解者がいてくれるだけで救われる。こんな風に思う方も少なくないはずです。自分にとって一番好きな人が理解者になってくれたら、とてもとても幸せなこと。一緒にいてくれることへの感謝の気持ちを、素直に伝えるのがオススメですよ。

■尽くしてくれること

・「風邪を引いたときに消化がよさそうなごはんを作って一緒に食べてくれた」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「優しいにつきる。私のことをちゃんと考えてくれてると実感したとき」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

特に自分が弱っているときには、「自分に尽くしてくれる人」に惹かれがちです。彼が尽くしてくれることで、次は自分のほうが尽くしたい! という気持ちも高まることでしょう。より一層二人の距離を縮めていけそうですね。

■自分磨きのモチベーションに!

・「その人と釣り合うためにと努力してきれいになった」(32歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「自分にとってプラスになった恋愛」(26歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

恋が女子のモチベーションをアップさせることも珍しくありません。たとえほろ苦い結果に終わったとしても、「恋を経験した自分」は一歩成長しているはず! 数年後にもし再会を果たしたら、素直な気持ちで「ありがとう」と伝えられそうです。

■心の底からの愛

・「私のことを大切にしてくれ、嫌なことは絶対しない」(28歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「私が振って別れるときに、『幸せになってくれ』って言われたとき」(30歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「こちらがどんなに感情をぶつけても、一切嫌いにならずにずっと好きでいてくれる」(30歳/機械・精密機器/営業職)

好きな人と付き合う中で、すれ違いやケンカを経験することもあるでしょう。そんなときでさえ、心の底からの愛を感じられたら、相手の器の大きさを感じずにはいられません。「本当にいい男だなぁ」なんて惚れ直してしまいます。

■まとめ

相手がどんな人であれ、「この人を好きになって良かった」と思える恋は幸せなものです。しかしそう思うためには自分自身の気持ちを前向きに保つことも必要だといえそう。あなたは今、「この人を好きになって良かった」と思える恋をしていますか? まだそう思える人に出会っていないという方は、どこでどんな男性と出会うことができるのか未来が楽しみですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年2月にWebアンケート。有効回答数119件(22歳〜36歳の働く女性)