大会2日前に行なわれた東京マラソンのプレスカンファレンスは、例年以上の熱気に包まれた。その最大の理由は、男子招待選手のゼッケンナンバー1、ウィルソン・キプサング(ケニア)が「2時間2分50秒」というターゲットタイムを答えたからだ。


昨年は13位に終わった今井も、「完全復活」でレースに挑む 現在のマラソン世界記録は2時間2分57秒。2014年9月のベルリンでデニス・キメット(ケニア)が樹立したタイムだが、元世界記録保持者のキプサングがその記録を「東京で塗り替えてみせる」と宣言したのだ。キプサングは2時間4分を3回、同5分を7回も破っている選手。昨年9月のベルリンでは世界歴代4位タイの2時間3分13秒を刻むなど、好調を維持している。

 プレスカンファレンスの前日に東京の新コースを案内されたキプサングは、「コンディションは良好です。東京は高速コースのひとつ。他の招待選手も強いので、ペースメーカーがうまく引っ張ってくれれば、世界記録のチャンスはあります。サプライズではありません」と話した。

 今年で11回目を迎える東京マラソンは、「世界で一番エキサイティングなレース」を目指して、コースがリニューアルする。ランナーたちを苦しめた佃大橋など、臨海部における橋、坂、風を避けたレイアウトになった。特に坂に関しては、終盤のアップダウンの連続がなくなり、東京駅前の行幸通りがフィニッシュという「高速コース」に変貌を遂げたのだ。

 新コースにふさわしいスピードランナーたちも続々と集結。世界記録を狙うキプサング、大会記録保持者であるディクソン・チュンバ(ケニア)、日本国内最高記録保持者のツェガエ・ケベデ(エチオピア)ら2時間4分台のタイムを持つ選手が4名、5分台が1名、6分台が4名という豪華メンバーだ。

「グローバル・スタンダード」を目指す新・東京マラソンでは、どんなレースが見られるのか。大会側はペースメーカーを3つに分ける予定だという。

 キプサングが「2時間2分50秒」、ケベデが「2時間3分50秒」、チェンバが「2時間5分20秒」という目標を口にしていることから、ペースメーカーのファーストが「世界記録」、セカンドが「日本国内最高記録(2時間5分18秒)」を狙えるペースで進むと見ていい。おそらく、サードも2時間6分台を目安とする超高速レースが展開されることになるだろう。

 日本の男子選手にとっては、今夏に開催されるロンドン世界選手権の代表選考レース(最大3名)となっており、その争いからも目が離せない。昨年12月4日の福岡国際では川内勇輝(29歳・埼玉県庁)が2時間9分11秒で、今年2月5日に行なわれた大分別府では中本健太郎(34歳・安川電機)が2時間9分32秒で日本人トップとなり、選考レースを一歩リードしている。

 コース変更により、2002年10月のシカゴで日本記録(2時間6分16秒)を樹立した高岡寿成以来となる2時間6分台にも期待がかかるが、特に注目すべきは、箱根駅伝で名を馳せた32歳の今井正人(トヨタ自動九州)と23歳の服部勇馬(トヨタ自動車)だ。

 順天堂大時代に「山の神」と称えられた今井は、2年前の東京を現役最速タイムとなる2時間7分39秒(日本歴代6位)で走破したものの、髄膜炎のため同年の北京世界選手権を欠場。昨年の東京も体調が上がりきらず、リオ五輪には届かなかった。しかし、今年のニューイヤー駅伝は最長4区を区間2位で走り、完全復活を印象づけている。

 プレスカンファレンスでは、目標タイムを「2時間8分30秒+α」と答えた。年齢も考えて、これまでとは少し違うアプローチで仕上げてきたという。練習のタイム設定を見直し、ニューイヤー駅伝の後には都道府県駅伝にも出場している。調子は上向きで、「僕にとっては終盤のアップダウンが勝負のポイントでしたが、それがなくなった。今回は自分でギアチェンジして仕掛けたいと思います。2時間6分台ですか?『+α』がどこまで出るかですね」と笑顔を見せた。

 一方の服部は、「2時間8分00秒」を目標に掲げた。昨年は箱根駅伝で2年連続となる区間賞を獲得したが、そのダメージでうまく走れない時期があったという。初マラソンとなった昨年の東京は、30kmからの5kmを14分54秒の高速ラップで飛び出すも、終盤に失速。2時間11分46秒でのゴールになった。

 今季から社会人になり、1年間マラソンのことを考えて取り組んできたという。「6割ほど」の体調で迎えたニューイヤー駅伝は最長4区を区間5位と好走。レース後の疲労はなく、スムーズにマラソン練習に移行した。そして、「僕としては(マラソン練習を)やり切れたと思いますし、その後の調整もしっかりできていると思います」と話すほどの手ごたえをつかんでいる。

「ペースメーカーが3つあるので、どこについていくのかは迷っていますが、日本人の先頭集団で走って、30kmを1時間29分台で通過したい。その後も、1kmを3分02〜03秒ぐらいで押していけるイメージはあります。世界選手権の代表をつかむためにも、福岡や別府大分のタイムを上回って、日本人トップになりたいです」

 大学2年時に30kmで1時間28分52秒の学生記録(日本歴代3位タイ)を樹立している服部にとって、30kmを1時間29分台で通過しても、それほど「速さ」を感じないだろう。昨年までとは違ってフラットなコースとなった残り約12kmでスパートをかけられれば、目標タイムを大きく上回る可能性も十分だ。

 ふたりの他にも、服部の東洋大の先輩である設楽悠太(25歳・Honda)や、共に24歳の勢いある若手で、箱根でも活躍した大東文化大OBの市田孝(旭化成)、山梨学院大OBの井上大仁(ひろと・MHPS長崎)など、有力選手は揃っている。果たしてどんなタイムでの決着となるのか。選手も視聴者もワクワクするようなレースを期待したい。

■陸上 記事一覧>>