「自分は客観的に物事を見ている」と思っていても、知らず知らずのうちに人や物に固定観念やレッテルを貼っていることがある。そう主張するのは青島農業大学の張敏さんだ。資料写真。

写真拡大

「自分は客観的に物事を見ている」と思っていても、知らず知らずのうちに人や物に固定観念やレッテルを貼っていることがある――。そう主張する青島農業大学の張敏さんは、日本人との出会いを無駄にした後悔から、偏見を持つことの恐ろしさを作文に次のようにつづっている。

【その他の写真】

数日前に勉強した『文化論の落とし穴』の中で、山崎正和先生は「人間には誰にも他国の文化や他民族の民族性について、安易な固定観念を抱いて安心する癖があるらしい」と言った。元来、私はこういう人間の一人ではないと思っていたが、現実は私も同じだったようだ。

ある暑い夏の日、わずかな客の韓国料理店でアルバイトしている私がカウンターの前でメニューを見ていると、二人の男性と一人の女性が話しながらその店に入ってきた。外見が中国人と似ていたので、いつもその店に来るお客と同じように、中国の朝鮮族の人たちかもしれないと思った。そのため、中国語で「いらっしゃいませ」と挨拶しながら、メニューを手渡した。背が高い男性は私に不自然な中国語で店長は今いるかと尋ねた。店長はその時不在だったので「さっき出かけたばかりだ」と答えた。そして、その男性はそれ以上何も話さず料理を注文した。そのうちに、彼は他の二人に日本語で「店長は日本語ができる」と言った。私は、彼が日本語を話したことに驚いた。その時、私は大学で日本語を勉強して2カ月だった。

私が緊張しながら日本人かと尋ねると、彼は「はい、日本人です」と答えた。私は感動しながら「私は青島農業大学の日本語学科の1年生です」と授業で習った自己紹介の文をそのまま話した。先生に向かって文章を暗唱しているようだった。その時、私は授業の中で勉強した店員の会話を必死に思い出そうとしていた。しかし、緊張していたので、掌から汗が出てきた。そして、「お休みなさい」の言葉が思わず口をついて出てしまった。「え?お休みなさいではなく、いらっしゃいませでしょう?」と背の高い男性が私に教えた。眼鏡をかけている男性は長い話をしたが、初心者の私は全く聞き取れなかった。幸いなことに背が高い男性は少し中国語ができた。三人の中の女性は語学学校で日本語教師として勤めているようで、中国語が流暢に話せるということは、その男性との通訳から分かった。

日本語学科の学生として、これは良いチャンスだったが、当時の私の印象では世界で最も冷淡な人はドイツ人と日本人だった。両者は感情表現の方法が違う。ドイツ人は冷たい表情をしているが、日本人はいつもよくわからない微笑を浮かべる。日本人は曖昧すぎると思っていた。彼らの話は冗談かどうかわからず、その後、私はかすかに笑って他のことをしに行った。しかし、私は困っていた。もし電話番号を交換すれば、日本語で会話することができ、自分の日本語が上手になるかもしれないめったにないチャンスだと思った。その一方で、日本人は曖昧なので、ただの社交辞令を言われるかもしれないと思った。結局、私は何もせずに「さよなら」だけを言った。

そのことを思い出すと、心の中で悔しさがあふれ出る。その時、なぜ勇気を出して連絡先を聞かなかったのか、なぜそのような狭い考えを持ってしまったのかとよく自問することがある。その文章を読んで、私自身の体験につながり、長らく語り継がれてきた日本人への先入観は怖いものだと思った。私は他人に固定観念のレッテルを張るという事実を理解できるようになった。文章で書かれているように、「文化論的なレッテル張りがいささか危険な域に達しているように見える」ということがある。先入観やレッテルなどは色眼鏡に似ている。このような「色眼鏡」をかける人たちには真の現実が見えないと思う。日中の青年は互いの国に固定観念を捨てて、自分自身で互いの文化を体験すべきだと思う。(編集/北田)

※本文は、第十一回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集「なんでそうなるの?中国の若者は日本のココが理解できない」(段躍中編、日本僑報社、2015年)より、張敏さん(青島農業大学)の作品「『色眼鏡』をはずそう」を編集したものです。文中の表現は基本的に原文のまま記載しています。なお、作文は日本僑報社の許可を得て掲載しています。