空蝉丸、北岡秀一、陣マサト、加藤・
クラウド・八雲が参戦! (C)「超スーパーヒーロー大戦」製作委員会
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映AG・東映

写真拡大

 「仮面ライダーシリーズ」第18作「仮面ライダーエグゼイド」と、「スーパー戦隊シリーズ」史上最多人数となる9人編成の「宇宙戦隊キュウレンジャー」が共闘する映画「仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦」の追加キャストが、このほど発表された。消滅したはずのあのヒーローを含む、4人が出演する。

 東映の特撮ヒーローが共演する「スーパーヒーロー大戦」シリーズ第5弾は、総勢100人以上のヒーローが結集。地球を壊滅状態に追い込んだ巨大浮遊要塞に対し、ヒーローたちは異空間でレベルアップを繰り返し立ち向かっていく姿を描く。

 参戦が明らかになったのは、「獣電戦隊キョウリュジー」の空蝉丸(丸山敦史)、「仮面ライダー龍騎」の北岡秀一(小田井涼平)、「特命戦隊ゴーバスターズ」の陣マサト(松本寛也)、「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の加藤・クラウド・八雲(松本岳)の4人。「龍騎」の北岡と「ゴーバスターズ」の陣は、劇中で死去あるいは消滅したことで、放送当時大きな衝撃を与えた人気キャラだ。北岡は2003年1月のテレビシリーズ終了以来の登場で、約14年ぶりの復活を果たす。

 また上映劇場の窓口では、プレゼント付き前売り券が5万枚限定で発売中。「仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦」は、3月25日から全国公開。