KARA ハラ、パリで撮影したグラビアを披露「“私ってもう27歳?”と思う時はある」

写真拡大 (全3枚)

KARAのハラの清涼感溢れ、ロマンチックな魅力を収めたグラビアが公開された。

ファッションマガジン「COSMOPOLITAN」の3月号を通じて公開された今回のグラビアで、ハラはおいしそうなマフィン、赤いべスパ(イタリアのスクーター) など、多様な小道具を活用し、エネルギー溢れるグラビアカットを完成させた。特にベネトンのスウェットシャツ、ストライプのタートルネックを着てべスパに座っているカットでは、これまで隠れていたシックな魅力が感じられる。

フランス・パリで行われた今回のグラビア撮影とインタビューで、ハラは「パリに来たら、単純に見えるかもしれないけど、マカロンが食べたかったんです」とし、「その国の有名な料理を食べるのは、その国の文化を体験することでもありますから、パリの甘い味をぜひ味わってみたかったんです」と伝えた。

今年で27歳(韓国で) になったハラは「年齢はあまり気にしませんが、『私ってもう27歳?』と思う時はありますね。まだ若いとはいえ、年を取れば取るほど、責任感をもつべきだと思います。言葉や行動に気を使うようになります」と言い、「周りの人をより大切に思うようになります」と伝えた。

本格的な女優活動に乗り出すハラは「これまでちょこちょこと演じる姿をお見せしてきましたが、本格的な女優活動を控え、期待していると同時に怖いです。ワクワクもしています。今まで学んで経験したことが今後の活動に大きく役立つと信じています」と伝えた。

ハラのグラビアとインタビューは「COSMOPOLITAN」の3月号で確認できる。