自宅で野菜を作ろう!壁掛け水耕栽培キット『Herbert』がすごい

写真拡大 (全2枚)

Photo credit: Mikenan1 via VisualHunt.com / CC BY-NC-ND

家庭菜園をするのに、広い庭は必要ない。

それどころか、アパートや団地の一室でも好きな野菜を栽培できる。それは家のどこかにプランターを並べるという意味だが、工夫次第でそのプランターを省スペース化することも可能だ。

クラウドファンディングサイト『Kickstarter』にこの度登場した『Herbert』は、決して広くはない室内での野菜生産を可能にしてくれる製品だ。

四畳半でも野菜栽培が可能

かつて、「テレビの壁掛け化」は家電業界にとっての夢だった。

もちろん、今ではテレビの壁掛けは達成されている。それと同じように、水耕栽培プランターの壁掛けもすでに実現しているのだ。

https://ksr-video.imgix.net/projects/2772525/video-749955-h264_high.mp4

上はHerbertのPR動画である。食事のちょっとした付け合せに、Herbertから収穫した野菜を使う。自宅で育てたものだから、農薬が含まれているということはまずない。

開発者曰く、LED照明と水の循環システムにより従来の40%も早く野菜が収穫できるという。

育てられる作物は多種多彩だ。ハーブでもいいし、バラ科の多年草であるイチゴも生産できる。気になる製品価格は、Kickstarter内の提供枠では339ユーロ(約4万1,000円)。

この製品が現実のものとなれば、日本でも話題になるかもしれない。

ご禁制の植物も……

ただし筆者は、このHerbertに対してひとつだけ懸念を抱いている。

それは製品自体の落ち度ではないのだが、こうした家庭菜園キットが出てくるとそれで大麻を栽培しようとする者が必ず出てくる。欧米では大麻専門のガーデナーが一定数存在していて、彼らは栽培の様子を撮影した動画も頻繁にアップする。試しにYouTubeで「cannabis growing」と検索してみていただきたい。大麻生産の動画が腐るほど出てくるはずだ。

Herbertで大麻を育てようと思ったら、極めて容易に実施できるだろう。だが当然ながら、大麻の発芽は日本では固く禁じられている。まかり間違っても、犯罪目的でクラウドファンディングの製品を手に入れようと考えてはならない。

【参考・動画】

※ Herbert - Grow fresh organic food at home - Kickstarter