シーズンオフ、サガン鳥栖は積極的な補強策で主役の一翼を担った。GK権田修一(←SVホルン)、CBフランコ・スブットーニ(←アトレティコ・トゥクマン)、右SB小林祐三(←横浜F・マリノス)、MF小川佳純(←名古屋グランパス)、原川力(←川崎フロンターレ)、水野晃樹(←ベガルタ仙台)、FW小野裕二(←シント=トロイデンVV)ら有力選手を獲得。「Jリーグ優勝」という目的地に向かって、舵を切った。

 もっとも、補強が単純なプラスに働かないのが、サッカーの難しさだろう。

「補強したところがまだ読めない、というのが正直なところです」

 エースである豊田陽平は、 実状を明かしている。


サガン鳥栖で8季目のシーズンを迎えるエースの豊田陽平「(去年からのメンバーの)僕たちはマッシモ(・フィッカデンティ)と1年やっているので、足りない部分はあっても、戦術的に迷いはありません。ただ、新加入選手は判断のところで、ここで行くべきか行くべきでないか、とか、どうしても一歩遅れる。後手を踏んでしまう。でも、それは必ず通る道。そこを抜け切ったらパーソナリティを出せると思うんです。だから開幕でバンッといくよりは、次第にフィットしていくイメージですね」

 開幕に向けて前哨戦となった韓国の強豪、水原三星とのゲームも、昨シーズンのメンバーは仕上がりのよさを見せている。左サイドの吉田豊、福田晃斗は一つのセット。豊田、富山貴光、鎌田大地のトライアングルも熟成しつつある。

 その一方、新加入選手のお披露目は、ほろ苦いものに終わった。権田、スブットーニ、小川は戦い方に適応していたとは言い難い。失点のシーンは顕著だった。もっとも、これは悲観することでもない。鳥栖に戦術が根付いているという証拠でもある。新加入選手がスムースに活躍できるチームは、戦術が確立されていない恐れがあるのだ。

 今シーズンの鳥栖は、”ゆとり”を感じさせる。キャンプでは昨シーズンのように肉体的、精神的に追い込むようなトレーニングはしていない。メニューそのものはきついが、「連日2部練習」「オフなし」という”地獄の日程”は組まれなくなった。それはフィッカデンティ監督が、昨シーズン作り上げたチームに手応えを感じているからだとも言われる。

「残ったメンバーに対しては、監督の信頼を感じます」と豊田は言う。

「1年目は、監督もどこまで戦術が浸透しているのか、分かりかねるところがあったのでしょう。それで、分かっていないなという部分が出ると、どんどん練習量も増えました。まあ、マッシモは迷ったらとにかくやるという人で」

 1年間の刻苦で、確実に戦術レベルは向上した。それは昨シーズン、ファーストステージでは下位に低迷するも、セカンドステージは一時優勝争いに加わったことでも明白だろう。新戦力が上積みになったら、今シーズンの上位争いは間違いない。

 プラスアルファとして期待したい点は、二つある。

 ひとつは、ベルギーから日本に戻った小野裕二の攻撃センスの高さだろう。ベルギーでは不完全燃焼に終わったものの、ボールを受け、前を向くだけで、天性の輝きが垣間見える。感情の起伏が激しいだけに、それをどう操れるかは課題だが、豊富にある熱量はポジティブに捉えることもできる。どこか従順なところがある鳥栖の選手の中で、小野の奔放で鋭く、猛々しい動きは異彩を放つはずだ。

 もうひとつは水野晃樹のキックだろう。水野の蹴るボールの質は一見の価値あり。肉体を実戦可能な状態に戻せたら、飛び道具になる。水原戦では4-4-2のサイドMFを託されていたが、相手が疲弊したところで精度の高いクロスを打ち込めたら、必ず敵は動揺する。

「オフに増えた体重を減らしながら、コンディションを整えています。結構走っているんで。オシムさん(ジェフ時代)の下でやっていた頃のような感じを蘇らせたいっすね」

 そう語る水野自身、後がないことを心得ている。かつての日本代表MFは、再起することができるか?

 それぞれの思いで、鳥栖は新たな船出をする。

「納得できる人生にしたいと思っています」

 そう意気込むのは、豊田だ。

「正直、個人タイトルとかは目指していません。チームタイトルを突き詰めて挑みたい。なぜなら、やっぱり10年先、歴史に残るのはチームタイトルだと思うんです。『あの時、鳥栖は優勝してすごかったね!』とずっと残るでしょう。もちろん、勝利するために自分のゴールが必要ならそれに挑みます。でも、自分としては今までと同じように、犠牲の精神でチームのためにできることをやるだけ。このチームにタイトルを残したいですね」

 2月25日の開幕戦、鳥栖はベストアメニティスタジアムに柏レイソルを迎える。戦力的には拮抗している。しかし優勝に挑むなら、本拠地では必勝の決意が必要になる。

■Jリーグ 記事一覧>>