「素のMINI」に5ドアが設定されている今では当時ほどではないかもしれませんが、MINI初の5ドアモデルとして登場したMINIクロスオーバーは、日本のMINIシリーズの中で半数近くを占めていた時期もあるそうです。

1

初のフルモデルチェンジを受けたMINIクロスオーバーは2月23日に発表され、「ミニの日」である3月2日から発売が開始されます。エンジンは当面クリーンディーゼルのみで、今秋から新世代ハイブリッドモデルが追加される予定です。

「MINI Cooper D Crossover」と「MINI Cooper D Crossover ALL4」には、150ps/330Nmの2.0L 直列4気筒ディーゼルターボを搭載。8ATとの組み合わせになり、21.3km/Lを達成。最上級の「MINI Cooper SD Crossover ALL4」は、同じ2.0Lの直列4気筒ディーゼルターボながら190ps/400Nmを誇り、こちらも8速ATとの組み合わせにより、20.8km/Lという燃費。

先代モデル(MINI Cooper D Crossover ALL4の場合)と比べると、燃費は約37%向上しています。

ボディサイズは全長4315×全幅1820×全高1595mm。先代よりも全長が195mm長くなり、全幅は30mmワイドに、全高も45mm高くなり、SUVとしての存在感が増しています。これによりMINIクラブマンとともにCセグメントに位置させることで、MINI内での食い合いを避け、ライバルに対抗する状況が整ったといえそう。

また、今秋に登場予定のプラグインハイブリッドモデルは、「MINI Cooper S E Crossover ALL4」というグレード名が与えられています。エンジンは1.5Lの直列3気筒ターボ(136ps/220Nm)で、88PS(65kw)/165Nmのモーターが組み合わされた4WD。

組み合わされるトランスミッションは6速ATで、ガソリンエンジンで前輪を駆動し、電気モーターが後輪を駆動します。悪路走破性の向上はもちろん、鋭い加速性能や高速走行時の安定した動力伝達、高い効率を実現しているそう。

モーター走行時の最高速は125km/hで、最長距離約40kmまでEV走行が可能。電池容量7.6kWhのリチウムイオンバッテリーがリヤシート下に配置され、約3時間で満充電が可能(200V電源)。

価格はプラグインハイブリッドのMINI Cooper S E Crossover ALL4が4,790,000円、クリーン・ディーゼル・エンジンのMINI Cooper D Crossoverが3,860,000円、MINI Cooper D Crossover ALL4が4,140,000円、MINI Cooper SD Crossover ALL4が4,830,000です。

(塚田勝弘)

新型MINIクロスオーバーは、クリーンディーゼルと4WDハイブリッドをラインナップ(http://clicccar.com/2017/02/25/448342/)