独ライプツィヒでこのほど、2017年の「世界で最も美しい本」が発表された。写真は「虫子書」。

写真拡大

独ライプツィヒでこのほど、2017年の「世界で最も美しい本」が発表された。上海市新聞出版局と「中国で最も美しい本」審査委員会が選んだ「虫子書」が銀賞を、「冷氷川墨刻」が栄誉賞を受賞した。人民日報海外版が伝えた。

「世界で最も美しい本」組織委員会ドイツ書籍芸術基金会は今年、世界32の国と地域から600冊ちかくの作品を集め、最終的に14冊を選び出し、2017年の「世界で最も美しい本」の称号を与えた。

「虫子書」は朱贏椿氏と皇甫珊珊氏がデザインし、広西師範大学出版社が出版。筆者兼デザイナーは毎日、スタジオ内の虫と朝夕を共にし、虫たちが噛んだ葉っぱや紙の上を動いて残した痕跡を集め、さまざまな形態をした「作品」をこの本に収めた。

「冷氷川墨刻」は海豚出版社が出版、周晨氏がデザイン。本書はスペイン在住の画家、冷冰川氏の白黒墨刻作品集で、2016年に米国の印刷大賞「ベニー賞」金賞を受賞している。(提供/人民網日本語版・編集/YF)