NECは24日、AI(人工知能)の社会的利用を推進するために、東北大学と協力してAI領域における共同研究や地域の人材育成など産学連携を強化すると発表した。

 今回の連携の背景には、AIが研究開発フェーズから実用フェーズへと広がるなか、実データを用いた技術・ソリューションの検証がより重要になっていることがある。

 今回の連携では、AI技術「NEC the WISE」を用いて「社会インフラやプラント設備の保全技術領域におけるAIの活用の共同研究」、および「地域活性化を目的として東北地域の企業とのAI実証環境の共同構築・運営」を行う。

 「社会インフラ」分野ではでは、「非破壊検査領域におけるインバリアント分析技術の適用研究」が今月から実施される。インバリアント分析技術は、多数のセンサー間の関係性を自動抽出し、その関係性の崩れから問題点を検出するAI技術である。

 「地域活性化」分野では、東北大学の情報知能システム研究センターへ、ディープラーニング技術である「RAPID機械学習技術」を提供し、同センター内のAI実証環境を整備する。

 同社では「今回の取り組みは東北地域におけるAIの現場活用、人材育成とイノベーションの創発を目的としており、新規事業創出にも貢献していきたい」と話している。