その対応…見られてます!「ご両親へのあいさつ」で彼が期待すること

写真拡大



こんにちは、コラムニストの愛子です!

カレシがご両親に会わせてくれると、自分との交際が本気なんだと思えて嬉しいですよね。いざ会えるとなったら、「結婚も考えてくれているのかも?」と期待する女性が多いのではないでしょうか。男性もそのつもりということが多いようですが、だからこそカノジョをご両親に会わせるときには、期待することがあるのだとか。

そこで今回は、カノジョをご両親に会わせるときに、男性が期待していることを聞いてきました。

■1. 最低限の礼儀は大切にしてほしい

「人としての最低限の礼儀は大切にしてほしい、言葉遣いに気を付けたり、挨拶やお礼をちゃんとするとか」(29歳/金融)

これは当然のことですよね。誰だって自分の親に恋人を会わせるときには望むことなのではないでしょうか。とはいえ、仕事のお付き合いではありませんから、堅苦しいのもNG。完璧な挨拶よりも、笑顔で感じ良く接することが大切だと思います。心がこもっていない丁寧すぎる言葉は逆に失礼にあたることもあるので気を付けてください。目上の方に対する尊敬の気持ちがあれば、それが自然と言葉や態度に表れるはずです。

■2.心を開いて気さくに接してほしい

「最初は緊張するのも仕方ないと思うけど、ずっとガチガチじゃなくて、心を開いてきさくに接してくれる女性がいいな。オレの親と仲良くなってほしいから。親と仲良くしてくれると、結婚を想像しやすいし」(29歳/不動産)

たしかに恋人が自分の親と仲良くしてくれるのは嬉しいですよね。表面的に感じ良く接するのではなく、本当に心を開いて仲良くなろうとしてくれていることがわかると、彼もあなたのことがとても愛しく感じられるのではないでしょうか。自分の大切な人たち同士が仲良くしてくれるって、とても幸せなことです。もちろん、カレの両親と談笑する姿をカレが見たら、結婚生活も描きやすいはず!人見知りの方にはハードルが高いかもしれませんが、大好きなカレのご両親なのだから、きっと仲良くなれるのではないでしょうか。

■3.オレ抜きでも大丈夫なくらい打ち解けてほしい

「オレ抜きでも大丈夫なくらい、オレの家族と打ち解けてくれる女性となら、結婚できるかなって思う」(28歳/貿易)

気さくに接したあとは、やはりカレを介さなくても大丈夫なくらい仲良くなってくれるのが理想だそうです。自分が間に入って仲を取り持たなくても、カノジョとご両親だけで食事したり買い物に行ったりしてくれると嬉しいのだとか。それくらいコミュニケーション能力が高い女性だと、結婚しても親戚づきあいなどの面で安心できますからね。

■4.習慣や常識の違いに寛容でいてほしい

「生まれ育った時代や地域によって価値観も変わるし、習慣や常識の違いで行き違ってしまうこともあると思うんだ。特にオレの地元の方言は知らない人にはきつく聞こえるらしく、怒られている気がするって女の子もいた。だから細かいことは気にせず、タフでおおらかであってほしいな。少しくらい気が利かなくてもいいから、いい意味で鈍感で、傷付きにくい子がいい」(27歳/飲食関係)

たしかに年齢も暮らしている地域も違えば、色んな行き違いがあるかもしれません。特に大好きなカレのご両親のこととなると付き合っていく時間も長いですから、他の人との関係よりナーバスになることもあるでしょう。しかしお付き合いしている頃からあなたがその違いに寛容になれないと、カレは結婚するのが不安になるそうです。なかなか難しいかもしれませんが、「価値観が違うんだな〜」とサラッと流せるようになるといいですね。ただ、あまりにも相性が合わない場合は、カレのサポート力もふまえてお付き合い自体を考えてみるのもありかも。

■おわりに

「きちんと感」より、ご両親と打ち解けることを望んでいる男性が圧倒的に多かったです。もちろん人として最低限の礼儀は必要ですが、よそ行きの「いいカノジョ」を演じるより、心を開くことが1番大切なのかもしれません。大好きなカレを産み育ててくれたご両親だということを念頭に置いて会うといいのではないでしょうか。(愛子/ライター)

(ハウコレ編集部)(小南光司/モデル)(泉三郎/カメラマン)