「二度と俺の話はするな…!」彼氏が嫌がる彼ぴっぴ自慢

写真拡大



彼氏のことを自慢するつもりはなくても、いつの間にかのろけてしまうことってありますよね。あなたに悪気はないかもいかもしれませんが、その話のネタになっている彼自身は、自分が話題にあがることをよく思っていない場合もありますよ。彼氏が嫌がる「彼自慢」にはこんなものがあるんです。

■1.彼の素顔を見せてしまう

彼からすれば、彼女にだけ見せている自分の素顔は他人には知られたくないもの。あなたには気を許しているから見せているだけであって、誰にでも伝わって良い姿ではないのです。

たとえば、あなたのお願いを何でも聞いてくれる彼氏がいたとしましょう。それを周囲の人に自慢すれば、「彼女の言うことをなんでも聞いてくれるなんて、すごくいい彼氏ね」とほめてくれるはず。しかし、彼からすれば「彼女の尻に敷かれている」と言いふらされているようで、プライドが傷ついてしまうのです。それが彼の良い部分でも、むやみやたらと言いまわるのは止めましょう。

■2.元彼と比べて褒める

「元彼と比べて、今の彼はとっても優しくて…」など、つい分かりやすく伝えるために元彼など他の男性と比較してしまうこともあるでしょう。しかし、男性は他の男性と比べられるのが何より嫌なもの。彼女のオンリーワンでいたいという気持ちが強く、おsもそも「元彼」という言葉自体、気に入らないのです。

以前付き合った人がどうであれ、いま大切にしたい恋人のことを考えるなら、比較して褒めるようなやり方はしないほうがいいでしょう。彼自身だけを見て、あなたが好きだなと思える部分を素直に見つめましょうね。

■3.芸能人に似ていることを自慢する

自分の好きな芸能人に似ている男性なら、自然と好意を持ってしまうこともありますよね。「相手が、好きな芸能人と似ていた」というのは、男女が付き合うきっかけとして、良くあるものです。しかし、彼氏としては付き合った以上は自分自身をまっすぐ見てほしいというのが本心。きっかけはそうだったにしろ、「芸能人に顔が似ている」という自慢は、何だか内面をおろそかにしているように受け止められてしまいますから、あまりしないほうがよいでしょう。

■4.彼の職業を自慢する

彼氏の職業が、医者や弁護士などの高収入を見込める職業であると自慢する…。これはいくら仕事に熱心な男性だとしてもあまり喜びません。もちろんキャリアを自分自身で自慢する男性はいますが、彼女に「彼の職業自慢」をされると、なんだか付き合いが表面的な印象があって素直に嬉しがれないのです。

また、良いイメージの職業ってただでさえ自慢すると反感を買いやすいもの。彼だって彼女に下手に言いふらされて変な誤解を招きたくないのです。もし伝える場合には、話してもいいか事前に彼氏に確認しておきましょう。

■彼の嫌がる気持ちを察して

女性同士の会話に、彼氏の話題は欠かせません。しかし、一番大切にしたい恋人が嫌がることは、できるだけ避けましょう。彼の気持ちを、まず考えてあげてくださいね。(SACCHI/ライター)

(ハウコレ編集部)