新感覚の旅ドキュメンタリードラマ (C)テレビ東京

写真拡大

 人気実力派俳優・滝藤賢一が主演するテレビ東京系スペシャルドラマ「ハノイ発夜行バス、南下してホーチミン ベトナム1800キロ縦断旅」が、2月26日午後4時から放送されることが決定した。滝藤は「『ベトナム縦断? 絶対やります!』。1秒で返事しました」と振り返り、「主役は無条件で受けさせていただく私ですが、ベトナムを縦断できるなんて……。まるでご褒美を頂いた気分。仕事という意識が皆無な自分が恐ろしいです(笑)、危ない危ない」とコメントを寄せている。

 物語の主人公は、勤続17年で10日間の有給休暇をもらった40歳のサラリーマン・鈴木広太(滝藤)。妻は仕事、子どもは習いごとで忙しいため、旧正月のベトナムへ向け、初めての海外ひとり旅を敢行する。首都ハノイからホーチミンまで、長距離バスと鉄道を使い1800キロを縦断。金銭感覚のギャップに頭を抱え、ベトナム戦争を知り、昔ながらの漁村で海の幸を食べる。40歳男性が旅から何かを得る姿を、リアルに描く。

 実際にベトナムで暮らす人々も出演するため、撮影はトラブル続きだったそうだが、滝藤は「(出演者のドタキャン、予定どおりに出発しない、到着しないなど)トラブルがありながらも、全てがいい方向に向くという奇跡の連続!」と述懐。そして「最小限の人数で巡ったベトナム縦断は、とても素敵なチームで、ドラマかドキュメンタリーか、ただのプライベートな旅なのか錯覚するほどでした」といい、「楽し過ぎて未だに、ベトナムの余韻が抜けません。今後も、主人公の鈴木公太が世界中を旅することを切に切に願っています!」と述べた。また瀧川治水プロデューサーは、「現代ならではの、新感覚の旅ドキュメンタリードラマの誕生です。これを見たらすぐひとり旅がしたくなると思います」とアピールしている。