マウスピース矯正

写真拡大

 筆者のクリニックに、成人矯正後の不具合を訴える初診の患者さんが来ました。主訴は、「奥歯が当たらず物が噛めない。顎をどこにやったらいいかわからない」といった症状です。

 歯列矯正という歯科治療を受けた結果として、物が噛めなくなったのです。口の健康に寄与するための歯科医療としては、決してあってはならない出来事です。

 もし、自分の口が、噛んでも奥歯が当たらない噛み合わせだったとしたら、と想像してみると、恐ろしいかぎりです。

●歯並びと噛み合わせ

 多くの人は、「歯並び」と「噛み合わせ」を混同して捉えているようです。つまり、「歯並びが良ければ、噛み合わせも良い」と思われているようですが、歯並びと噛み合わせはまったく別のものです。歯並びは「歯の並び具合」、噛み合わせは「上下の歯の接触の状態」です。したがって、上の歯の1本が引っ込んでいたら、噛み合う相手の下の歯も引っ込んでいてしっかり噛み合っており、顎を動かしたときに引っ掛かるなどの邪魔になっていなければ、噛み合わせ的には問題ありません。ただ歯並びが悪いだけです。

 このように、歯並びの悪さが機能障害の要因にならないケースでは、歯列矯正をはじめとするすべての歯科治療は必要ありません。

 しかし、見た目がどうしても気になるということで歯科的なアプローチをするのであれば、それは美容目的の施術となります。

 歯科大学で教わる歯科矯正学を簡単にまとめると、歯科矯正とは「不正咬合を正して、顎・口腔機能と審美性の向上を求めること」です。つまり、「歯を移動させる矯正という手段によって咬合(噛み合わせ)を改善し、口の働きと見た目を向上させること」と言い換えることができるでしょう。

 では、歯並びと噛み合わせは、矯正によって同時に手に入れられるものなのでしょうか。

 筆者の見解としては、両方を確実に得ることは無理だと思います。もし、それができるのであれば、成人矯正後に不具合を訴える人はいないでしょう。

 医療の本質を考えれば、優先されるべきは見た目ではなく機能です。なぜならば、機能や健康を損なってまで得なければならないものはないからです。

●マウスピース矯正の危険

 冒頭で紹介した患者さんが行っていたのは、「マウスピース矯正」です。インターネットで検索すると、最近はやっているようで、実に多くのマウスピース矯正を行っている歯科医院が出てきます。左の写真は、この患者さんが実際に使っていたマウスピースです(画像内の白い線は、番号を消すための加工)。これを上下の歯にはめ込み、食事の時以外は入れておくように指導されます。そして、このようなマウスピースを歯列の変化に応じて何個もつくり替え、年単位の時間をかけて歯を動かし、歯並びをつくっていきます。

 しかし、このマウスピースを調べてみると、噛む面に調整した跡が一切ありません。つまり、単に歯並びを変えた歯列模型に押し当てて吸引してつくったマウスピースを、上下に四六時中入れておくのです。その結果は、どうなるでしょうか。

 この2枚の写真は、約2年間マウスピース矯正を続け、施術終了に近い状態の患者さんの歯列模型です。噛み合わせの記録をとり、マウスピースを外した時の現在の噛み合わせを再現したものです。明らかに上下の歯が噛み合っておらず、目で見てもわかるほどの隙間が確認できます。

 これは、この患者さんだけの症状でしょうか。いいえ、それは違います。このように、マウスピースで歯列をギュッと小さく縮め、四六時中上下にマウスピースを入れ、自身の歯が触れない状況が維持されれば、当然、マウスピースを外した時に全体が平均的に噛み合う“良い噛み合わせ”がもたらされることはほとんどないでしょう。

 これは、歯並びを変えることだけを目的とし、咬合を無視した、あまりにも安易な手段であり、本来の歯科矯正の目的を外れたものといわざるを得ません。

 患者さんは、治療を続けても不具合を感じれば、新たな医師を求めます。この患者さんもマウスピース矯正を担当していた歯科医師に何度も「奥歯が当たらず物が噛めない」「顎をどこにやっていいかわからない」といった症状を伝えていますが、明確な説明がなく、今後の具体的な方針も聞くことができなかったため、いろいろと調べて筆者のもとに来院されました。

 治療後に来院されない患者さんは、調子が良い方ばかりではなく、問題があるからこそ来院されないこともあると歯科医は自覚するべきです。

 マウスピース矯正では、理屈的にも、良好な噛み合わせを得ることは難しいと思います。マウスピース矯正後は、噛み合わせ状態の追跡調査が実施されることを願います。
(文=林晋哉/歯科医師)