怪物がライバル? 「フランケンシュタインの恋」に出演する柳楽優弥

写真拡大

 俳優の柳楽優弥が、日本テレビ系で4月にスタートする日曜ドラマ「フランケンシュタインの恋」で、主演の綾野剛、二階堂ふみと共演、実力派の若手たちが奇妙な三角関係を演じることが明らかになった。

 今なお多くの派生作品を生み出す「フランケンシュタイン」の物語を、現代日本が舞台のラブストーリーとして復活させる本作。約100年前に、死体をつなぎ合わせ、細胞に特殊な作用をもたらす菌を注入し、高電圧を流すことで生まれた永遠の命を持つ“怪物”が、ある女性に出会ったことから始まるおかしくも切ない恋模様が描かれる。

 綾野が演じるのは、ある理由によって人間に触れることができない心優しき怪物。ある日、大学の農学部で菌の研究に勤しむリケジョ、津軽継美(二階堂)と出会ったことで彼女に恋をし、心に芽生えた温かな感情に苦悩していく。

 柳楽は、怪物を実家に住まわせる大学院生・稲庭聖哉役で出演。何かと怪物の世話を焼き友情を育む典型的なイイ奴、優しい奴だが、彼も同じ大学に通う津軽さんの事が好き。『ディストラクション・ベイビーズ』で見せた怪演も記憶に新しい柳楽が、本作では、怪物と自分を比べて落ち込んだり、嫉妬したり、ときには意地悪な気持ちになってしまうような、人間くさい男を演じる。

 キャストも物語も個性的な要素がそろった本作。柳楽も「綾野剛さんや、尊敬する大先輩方をはじめとするキャストのみなさんと撮影期間を共に過ごせると思うと嬉しい気持ちで一杯です。可愛らしくユーモア満載でありながら、人間の本質も鋭くついた今作の世界観を、精一杯楽しみたいと思います」と撮影を楽しみにしている様子だ。

 柳楽の出演を「今回、まさか御出演していただけるなんて思ってもいませんでした。最高です」と語る河野英裕プロデューサーは、「綾野剛、二階堂ふみさん、柳楽優弥さん、この3人で三角関係のラブストーリーなんて、撮影はまだ始まっていませんが、想像しただけでゾクゾクします。早くみなさんに見てもらいたいです」と期待をかける。(編集部・入倉功一)