すんごいマウンティングになりそう…… - ドラマ「女囚セブン」
 - (C)テレビ朝日

写真拡大

 剛力彩芽が主演を務めるドラマ「女囚セブン」の出演者が発表され、剛力ふんする冤罪で女子刑務所行きとなったヒロイン・神渡琴音と、熾烈な女の戦いを繰り広げるキャストとして、山口紗弥加、トリンドル玲奈、平岩紙、橋本マナミ、木野花、安達祐実が参加することが明らかになった。

 刑務所を舞台とする本作では、殺人罪という無実の罪をかぶった京都の芸妓・琴音が、収監早々強烈なイジメにあうという女同士のドロドロぶりが展開。だが、彼女もイジメに動じずに、腹黒くしたたかな主人公として刑務所内のマウント合戦に加わっていく。

 琴音のほかに登場する6人の女囚は、罪を犯した謎多き政治秘書で男装の麗人・楠瀬司(山口)、DV夫を殺した元ヤンのシングルマザー・市川沙羅(トリンドル)、遺産目当ての連続殺人で服役中の後妻業の女・津田桜子(平岩)、不倫の末に患者を殺した全身整形サイボーグ看護師・矢島千鶴(橋本)、老老介護に耐え切れず夫を殺した平塚うめ(木野)、そして無銭飲食を繰り返す刑務所イチの情報屋・坂本奈津(安達)というかなり濃い個性の持ち主。刑務所というある種の密室で、トップに君臨する女は一体誰なのか。

 剛力は「みなさんがどんなお芝居をされるんだろう、と今から楽しみで仕方ないです! わたしもみなさんに負けないように頑張らないと!」と意気込み。脚本は、「民王」(テレビ朝日系)、「SPEC(スペック) 〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿」シリーズ(TBS系)などの西荻弓絵が担当している。(編集部・井本早紀)

ドラマ「女囚セブン」はテレビ朝日系で4月スタート(毎週金曜 午後11:15〜0:15)