中国のインターネット関連企業が2016年の決算を相次いで発表する時期を迎えた。

写真拡大

中国のインターネット関連企業が2016年の決算を相次いで発表する時期を迎えた。すでに発表した数社の様子をみると、人口ボーナスの刺激と順調な経済運営により、株が値上がりを続けた。多くの企業は決算報告後、時価総額が過去最高を更新した。北京新報が伝えた。

▽微博:アリババの輸血の必要なしに

「微博」(ウェイボー)はこのほど2016年第4四半期(10−12月)と16年の決算を発表した。データをみると、16年の営業収入は前年比45%増加して、43億8300万元(1元は約16.4円)に上り、純利益は同180%増と大幅に増加して、米ウォール街のアナリストの平均予測を上回った。微博の強い勢いに背中を押されて、新浪は通年の営業収入が初めて10億ドル(1ドルは約112.9円)を超えた。決算発表後、微博の株価は大幅に上昇し、終値は前日より2.78ドル高値で、値上がり幅は5.03%に達し、時価総額は一時120億ドルを超えて、ツイッターを上回った。

微博の月間アクティブユーザーが再び記録を更新した。16年末現在、月間アクティブユーザーは7700万人増加して3億1300万人に達し、このうちモバイル経由のユーザーが90%に達した。決算をみると、微博は動画と中継の分野で初歩的な成功を収めており、16年12月には、動画の一日あたり平均放映量は前年比713%増加した。

注目されるのは、微博の営業収入構造もアリババ(阿里巴巴)の輸血に頼っていた時代に徐々に別れを告げていることだ。決算をみると、微博の通年の広告・営業販売収入は5億1700万ドルに達し、そのうち大手顧客と中小企業(SME)の広告・営業販売収入が5億310万円に上り、15年の2兆5880万円の2倍に迫った。アリババ集団からの営業収入は15年の1兆4370億ドルから5790億ドルに低下した。

▽網易:通販が営業収入増加のエンジンに

網易も素晴らしい成績を上げた。決算によると、16年の純収入は381億7900万元で同67.4%増加。純利益は116億500万元で同72.3%増加となり、総収入も純利益も過去最高を更新した。

網易はゲーム分野で一貫して安定の中での進歩を目指していたのに比べ、通信販売分野では後続者として激しい攻めの役割を演じている。海外業務を中心とする網易購拉海購、オリジナル生活用品の通販を手がける網易厳選が、微博の業績の伸びを牽引する主なエンジン役を担った。決算をみると、網易考拉の海外通販事業はダブル11(11月11日のネット通販イベント)、中国版ブラックフライデー、ダブル12(12月12日のネット通販イベント)の3連続チャンスを迎えて、中国最大の海外通販プラットフォームに成長した。16年のダブル11当日、網絡考拉は開始から23分で昨年のダブル11の売上を達成し、1時間で1億5000万元を売り上げた。オンライン事業の開始から1年にもならない通販ブランドの網易厳選は、ODM(委託者のブランドでの製品製造)モデルで国内外の大手メーカーと手を結び、質の高い製品をひっさげて通販のレッド・オーシャン(競争の激しい既存市場)に飛び込んだ。16年4月にオンライン事業をスタートしてから9月までの間に、網絡厳選の登録ユーザー数は3000万人に上り、平均月間フローは6000万元に達した。

優位に立つゲーム分野については、決算では網易の通年のゲーム収入は279億8000万元に達し、16年の第4四半期(10-12月)だけで89億5900万元に上り、前年同期比62.8%増加し、網易の総収入のうち74.05%を占めた。

▽捜狗:12四半期連続で黒字

業界でいつ上場するかが関心の的の捜狗の決算も非常に好調だった。それによると、16年の営業収入は44億元で同19%増加した。16年末まで、捜狗は12四半期連続で黒字を実現しており、検索フロー数は前年比30%増加し、このうちモバイル端末での検索フロー数が同70%増加した。

人工知能(AI)ブームが起こりつつあり、捜狗もAIの戦場に足を踏み入れた。王小川最高経営責任者(CEO)は、「弊社は2016年に検索分野でさまざまな取り組みをし、AIで隅々まで武装した。AIは捜狗の技術革新とコンテンツの差異化を牽引し始めており、具体的には打ち込み方法や検索を含む一連の商品のすべてがAIの応用空間になる」と予測する。(提供/人民網日本語版・編集/KS)