ネット上で話題になっている、iPhone7 Plusから煙が出て、ボディが溶け出すという動画について、Appleが原因を調査中であることがわかりました。

煙が上がるiPhone動画、24,000回以上リツイート

煙が上がり続けるiPhone7 Plusの衝撃的な動画をTwitterで公開しているのは、ブリアナ・オリバスさんです。現地時間2月22日に公開されたこの動画は、日本時間24日夜の時点で24,000回以上リツイートされています。
 
オリバスさんによれば、煙を発して燃え上がる1日前に、iPhone7 Plusが起動しなくなり、Apple Storeに持っていったそうです。ところが何度かテストを行っても特に問題は見つからず、再び正常に動作するようになったため、そのまま持ち帰りました。
 
翌朝、オリバスさんのボーイフレンドが、充電していた彼女のiPhoneを電源から引き抜き、洗面台に置きました。するとみるみるうちに煙が上がり始め、キーンという音が鳴り始めました。
 
彼がiPhoneに手を伸ばした時にはすでに発火しており、急いでつかむとトイレに投げ入れました。放り込んだ瞬間iPhoneは爆発し、さらに煙が出てきたそうです。
 

Appleは原因を調査中

オリバスさんはすでにAppleに問題のiPhoneを渡しており、現在原因を調査中とのことです。Appleは米メディアMashableにも、調査を行っていることを伝えています。
 
充電からの爆発といえば、今月初めにも就寝中に枕元で充電していたiPhone6 Plusが爆発するという事故が起きています。
 
 
Source:Mashable,Twitter
(lunatic)