写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●夜景撮影に新たな表現を
パシフィコ横浜で2月26日まで開催中の「CP+2017」。リコーブースでは、驚異のISO感度819200に対応した一眼レフ「PENTAX KP」、360°全方位カメラの元祖にして圧倒的人気を誇る「THETA」(シータ) を中心に展示。タッチ&トライコーナーの充実とともに、今年もさりげない隠し球がさらりと提示されるなど、「来場者に楽しんでほしい」という意欲に満ちている。

○「楽しそう!」の広がりを感じる、PENTAXのオンリーワン

一眼レフ製品のタッチ&トライコーナーでは、CP+2017開催当日の2月23日に発売された「PENTAX KP」をはじめ、フルサイズセンサーを搭載した「PENTAX K-1」、中判デジタル「PENTAX 645Z」などを試写できる。一人につき5分程度の時間制限があるため回転が早く、来場者が効率的に製品に触れられる。

一番人気はやはりKP。素晴らしく上品なシャッターフィーリングを味わいつつ、ぜひISO設定を高感度域に設定して、普段お使いの機種と画質を比較していただきたい。なお、ブース内にはKP (試作機) で撮影した作品が大判プリントで展示されている。中でも、ISO12800で撮影された横浜の夜景 (B1サイズ) には注目だ。

注目のKPに関しては、カットモデルや手ブレ補正機構SR (Shake Reduction) の比較デモなども展示。リコー広報によれば「1/10秒でも手持ちで撮れます」とのこと。つまり、単に暗所での手ブレを抑えるというだけでなく、スローシャッターを使った表現を積極的に活用できるということだ。

交換レンズでは、「D FA★ 50mm F1.4」が参考出品され、話題となっている。ケース入りの展示であり、カメラに装着しての試写はできないが、50mm単焦点ながら威風堂々とした外観は、まさに「やる気十分」。HDコートもまとった最新の単焦点スターレンズの実力に期待がふくらむ。

更新されたロードマップも展示されている。一番下を見てみると……さりげなく「D FA★ 85mm F1.4」と書かれているではないか!? これは! 「ノーコメントです」(リコー広報)。

●「THETA」の進撃が止まらない
○VRにも対応する360°カメラ「THETA」

THETAコーナーは、例年以上に力が入っている。昨年秋に登場した「THETA SC」も好評で、カラーによってはバックオーダーだというから、その勢いにも納得だ。ブースではTHETAでの全天球撮影体験はもとより、ヘッドアップディスプレイを使用したVR体験や編集アプリの使い方解説、さらには4K動画対応や3Dオーディオ対応、THETAの撮影画像にK-1の撮影画像を結合する「リコー マルチイメージング」などの実験・研究要素も展示している。どれもTHETAワールドの拡がりを感じさせる、非常に興味深い内容だ。

(青木淳一)