宮崎キャンプに帯同し練習試合に出場した橋村

写真拡大

 FC町田ゼルビアは24日、ユース所属のFW橋村龍ジョセフが2種登録でトップチームに登録すると発表した。町田によると、高校1年生時点での登録はクラブ史上最年少という。背番号は「40」を予定している。

 橋村はゼルビアフットボールスクール出身で、ジュニアユース、ユースと昇格した生え抜き。イングランドと日本のハーフの選手だ。「2種登録という形でJリーグに出場する権利を与えてもらい、これまでお世話になったコーチや家族、クラブスタッフ、サポーターの皆様に感謝したいです。今後は一層、アカデミーを代表している自覚をしっかりと持ち、まずは日々のトレーニングをしっかりと積みたいと思います。そして、試合に出て、結果を残して、クラブに貢献できる選手になりたいです。皆様の応援に恩返しができるように頑張りますので、これからも応援、サポートをよろしくお願い致します」とコメントしている。

 生え抜きだけにクラブも期待を寄せている。宮崎キャンプも帯同し、トレーニングマッチ・ファジアーノ岡山戦では、ゴールも決めている。テクニックを活かしたドリブルにキープ力、裏への飛び出しを得意としている。「町田から世界へ!」をうたっているクラブだが、関係者は「しっかりと育てて、東京五輪代表メンバーに選ばれるような選手にしたい」と話している。まだまだ荒削りだが、少年サッカーの街・町田にとって楽しみな選手となりそうだ。

以下、プロフィール

●FW橋村龍ジョセフ

(はしむら りゅう じょせふ)

■背番号

40

■生年月日

2000年8月23日(16歳)

■出身地

東京都府中市

■身長 / 体重

177cm / 67kg

■選手経歴

聖ヶ丘SC(兼:ゼルビアフットボールスクール)→FC町田ゼルビアジュニアユース→FC町田ゼルビアユース(在籍中)