写真提供:マイナビニュース

写真拡大

台湾MSIは24日、チップセットにIntel Z270を搭載したゲーミングマザーボード「Z270 GAMING PRO」を国内販売を発表した。2月25日に発売し、店頭予想価格は税別21,980円。

ミドルレンジのゲーマー向けシリーズ「Performance GAMING」のマザーボード。フラグシップモデルの「Z270 GAMING PRO CARBON」から機能を絞り込み、価格を抑えた。

インタフェースとして、USB 3.1 Gen2を搭載。コントローラにASMediaの最新チップ「ASM2142」を採用する。従来の倍となるPCIe 3.0 x2で接続することで16Gbpsの帯域を確保し、複数台のデバイスを接続した場合でも、最大限のスループットを発揮するとしている。また、ストレージインタフェースのM.2スロットのうち、1基は金属で補強した「STEEL ARMOR」仕様となっている。

このほか、ゲームに対して優先的にネットワークの帯域を割り振る「MSI GAMING LAN MANAGER」や、高音質を実現するサウンド機能「AudioBoost」といったゲーム向け機能に加え、イルミネーション機能「Mystic Light Sync」を備える。