写真提供:マイナビニュース

写真拡大

KDDIは2月24日、災害時に携帯電話サービスの利用が困難なエリアの一時的な復旧を目的に、小型の携帯電話基地局を搭載した「無人航空機型基地局(ドローン基地局)」を開発したと発表した。

同基地局を活用することで、災害時に陸上や海上からの携帯電話サービスの提供が困難な状況においても、上空からの一時的な携帯電話サービスの提供が期待できるようになると同社では説明。また、携帯電話サービスに加え、被災地の様子を上空から撮影し、リアルタイムで被災地外のエリアに映像配信する機能も搭載しているとする。

なお、同基地局は、2017年3月以降順次、全国10カ所の保守拠点に配備し実証を行っていく予定としているほか、将来的な上空における携帯電話基地局の実用化に向け、実験試験局の免許を取得し、災害発生を想定した実証実験を各地で実施していく計画としている。

(小林行雄)