24日、中国の女性歯科医が「日本人の歯を抜く時に麻酔を減らしてやった」とネット上で発言したことが物議を醸し、当事者が謝罪声明を出す騒ぎに発展している。資料写真。

写真拡大

2017年2月24日、捜狐によると、中国の女性歯科医が「日本人の歯を抜く時に麻酔を減らしてやった」とネット上で発言したことが物議を醸し、当事者が謝罪声明を出す騒ぎに発展している。

ある歯科医がSNS上で「今、日本人男性の歯を2本抜いた。わざと麻酔を少なく打った」と書き込んだとする画像がネット上に出回った。画像には、日本人男性のパスポート写真まで掲載されていた。ネット上ではたちまち大きな議論を呼び、多くのネットユーザーから「ニセ愛国だ」「道徳がない」との非難が浴びせられた。

記事によると、当事者は江蘇省蘇州市の歯科医院に勤める女性歯科医だという。女性は「2015年3月の話。まさか今になって誰かにさらされるとは思わなかった。実際には麻酔は減らしておらず、退屈しのぎの冗談のつもりで書き込んだ。他人から認められたいという気持ちで、すべきでないことをしてしまった。日本人男性に謝りたい」とし、謝罪文も公開している。

微博に寄せられたネットユーザーの声は「医師の資格をしばらく停止すべきだ」「職業道徳がないというのは、恐ろしい」「日本の歯医者さんが中国人の患者に丁寧に接しているのを何度も見た。こういうニュースはとても悲しい」「毎日のように恨みつらみを宣伝する政府のせい」といった批判が大半を占めた。一方で「よくやったと思う」とするユーザーもいたが、「中国人である前に人であれ」など他ユーザーから反論を浴びている。(翻訳・編集/川尻)