「ヨタハチ」の通称で呼ばれるトヨタスポーツ800は、1965年に販売開始したライトウェイトスポーツカー。車両重量580kgに抑えられた軽量で高い空力性能を実現したモノコックボディに、790cc水平対向2気筒OHVエンジンを搭載しています。

1

このトヨタスポーツ800のオーナーズクラブであるトヨタスポーツ800オーナーズ協議会から、公益財団法人交通遺児育英会へ寄付金の贈呈と、メディアそして一般ユーザー向けの同乗試乗会がお台場にあるヒストリックガレージで行われました。

今回贈呈された寄付金は、昨年のトヨタガズーレーシングフェスティバル前日に開催されたオーナーの懇親会で実施されたオークションで売り上げた11万3304円です。このオークションには47人が参加し、スポー ツ800の古いキャブレターなどの使用済みパーツが出品され、その中で最高価格をつけたのはトヨタスポーツ800のエクステリアやエンブレム、スペックが 刻まれた限定品のジッポのライターでした。

寄付金を贈呈したトヨタスポーツ800オーナーズクラブ協議会の活動方針の一つに「オーナーが集い楽しむだけでなく、クルマファンを増やし社会にも貢献したい」という想いがあります。今回、クルマ社会で、クルマの楽しさを味わっている者が、クルマの負の部分に遭遇された方々への支援・貢献が寄付金という形で行われたのです。

贈呈式終了後、同乗試乗会を開催。現在の軽自動車と比べてもコンパクトなボディのトヨタスポーツ800ですが、居住空間やラゲージスペースなどはしっかりと確保され、優れたパッケージングを誇ります。

搭載されている水平対向2気筒エンジンは心臓の鼓動のようなビートを刻み、そしてステアリング操作に対しての動きや挙動の変化は、まるでドライバーとクルマが対話しながら走行しているようでした。

販売開始から50年以上が経過したトヨタスポーツ800ですが、豊田社長の掲げる「もっと良いクルマを作ろうよ」の原点を感じさせてくれました。

(萩原文博)

トヨタ・スポーツ800のオーナーが交通遺児育英会への寄付金の贈呈と試乗会を実施(http://clicccar.com/2017/02/24/448247/)