幸せっ! 女子が「カレシの愛」を実感する場面・6選

写真拡大

幸せな恋は、女性たちに活力を与えてくれるもの。仕事や対人関係がうまくいかなくても「彼氏の愛」を実感すると、元気になれる! と思う方も多いのではないでしょうか。では、イマドキの女性たちが「彼氏の愛」を実感するのは、いったいどんなとき? 女性たちの本音を具体的なエピソードを交えて教えていただきました。

■ハグ

・「ハグをされているとき。包まれていて安心できるし、愛を感じられる」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「ギュッと抱きしめてくれたとき」(35歳/医療・福祉/専門職)

彼氏の腕に包まれている瞬間、深い愛情を実感する方が多いようです。彼氏の感触や声が心の奥にまで染みわたりそうですね。落ち込んだときには、自分の方から「ハグして!」とおねだりするのもオススメです。

■愛の言葉

・「素直に彼氏の気持ちを聞くことができたとき」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「愛の言葉をもらったとき。実際に言葉にしてもらうのが、一番わかりやすいから」(32歳/自動車関連/技術職)

こちらはわかりやすく、「言葉」で実感する女性たちの意見です。行動の中で愛情を伝えようとしても、「勘違い」ということもあります。わかりやすく、素直な気持ちを伝えてくれたら、心の底から安心できることでしょう。

■気遣い

・「さりげなく荷物を持ってくれたり、体を気遣ってもらったとき」(29歳/金融・証券/事務系専門職)

・「デート中のふとした瞬間に自分を守ってくれている姿を見たとき」(30歳/機械・精密機器/営業職)

お付き合いを続けていく中で、彼が自分を気遣ってくれていることに、ふと気づくこともあるでしょう。彼氏の愛情を見逃さないよう注意して。見つけたら、素直に「ありがとう」と伝えてください。

■すぐ行動!

・「悩んでるときに真剣にどうにかしようと頑張ってくれるとき」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「私が、やりたい! ここ行きたい! と言ったことを覚えていて、実行にうつしてくれるとき」(30歳/その他/営業職)

言葉で愛情を示してくれるのもうれしいですが、行動で示してくれるのもうれしいものです。覚えてくれていたことへの驚きと実行に移してくれたことへの感動。ダブルで女性の心を動かしてくれます。

■疲れていても……

・「疲れていても、時間をつくって会いに来てくれる」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「電話をしたら、飛んできてくれる」(32歳/医療・福祉/事務系専門職)

疲れているにも関わらず、彼女のために頑張ってくれる彼氏の姿。言葉がなくとも、愛を感じることができそうですね。とはいえ、それを「当たり前」だと思うのは危険です。「私のために頑張って」なんて、彼氏を追い詰めないよう注意しましょうね。

■たとえ、離れていても

・「遠距離交際でも毎日連絡をくれること」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「私のために好きそうなものを買ってくれていたり、楽しませようとしてくれるとき」(28歳/医療・福祉/専門職)

遠距離恋愛をしているとき、仕事が忙しくて思うように会えないとき。恋人に対して、どのように愛を伝えるべきか迷った経験はありませんか? こまめに会えなくても大丈夫! 女性たちの意見も参考にして、男女ともに、上手な愛の伝え方を学んでみてください。

■まとめ

ふとした瞬間に彼氏からの愛情を実感でき、自分の方からも確かな思いを届けられるカップルは、きっと末永く幸せでいられるはず。まずは自分の彼氏のどんなところに愛情を実感できるのか、よーく観察してみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年2月にWebアンケート。有効回答数112件(22歳〜36歳の働く女性)