キャンペーン「GAP HAPPY HOUR」(2017年2月24日撮影)

写真拡大

企業が月末の金曜日、従業員に早めの退社を促し、買い物や旅行に時間を割くよう呼びかける取り組み「プレミアムフライデー」が2017年2月24日、初めて実施された。

衣料小売り店のGAPは同日15〜18時、全国の販売店でプレミアムフライデーを記念したキャンペーン「GAP HAPPY HOUR」を行った。このキャンペーンが実施された背景にあったのは、プレミアムフライデーだけではない。既に展開中だった「Gap デニムフライデー」という取り組み、ひいては同社の企業風土の流れを受け継いでいた。

ラフな格好で出勤、3時に退勤、そのまま街へ

同社は16年10月以来、日本の労働環境で柔軟な働き方の需要が高まっている現状に鑑み、毎週金曜に「デニム」込みのカジュアルな服装で勤務する働き方「Gap デニムフライデー」に取り組んでいる。デニムやカジュアルな服で働くと、「興味度が上がり」「ストレス度が下がる」。同社のマーケティングPR担当・小神野直子さんによると、こうした傾向が脳波試験などの実証実験で判明したという。

世耕弘成・経済産業相が16年12月9日、官民挙げての消費喚起策として導入したプレミアムフライデーの目指す方向性は、GAPの職場環境づくりと重なる部分があった。小神野さんは

「仕事を終えた後、スーツで街に出ていくよりも、ラフな格好で出勤して、3時に(仕事を)終えて、そのまま街に出ていく方が、できることも増えて身軽になると思います」

と話す。同社は24日、プレミアムフライデーと「デニムフライデー」の重複に絡め、「GAP HAPPY HOUR」と題するキャンペーンを打ち出した。

全国の販売店(一部店舗やGapOutlet、The Gap Generationは対象外)では当日、定価1万円以下の「デニムボトムス」(アダルトのみ)が一律3900円に値引きされた上、購入者に先着順で、アップルタイザー社の炭酸飲料「アップルタイザー」が提供された。

さらには配送料なしで、購入物を自宅に届けるサービスも行われた(一部店舗を除く)。手荷物なしで街へ出掛け、充実した課外活動を楽しめるように、との狙いだったという。

記者は当日15時、銀座店を訪問した。ここでは「アップルタイザー」に加え、「ベスラ・ド・ベルフォン」(シャンパン)をふるまわれた。店の入り口すぐの場所で、来店した客は誰でも手に取って飲むことができた。

小神野さんによると、「ベスラ・ド・ベルフォン」を提供したのは

「まだプレミアムフライデーに加入する会社は少ないので、3時になったからといって(店に)人が増えるとは思っていない。休みの日にしかできないことを分かりやすくやり、『金曜日は楽しみたい』というムードを盛り上げたかった」

からだという。

「成果さえ出ていれば、時間では計らない」

GAPは1969年、米サンフランシスコで創業して以来、顧客と従業員の個性と多様性を尊重する文化を大切に守り抜いてきた。人種、肌の色、年齢、性別、性的指向、宗教、国籍...。顧客と従業員を分ける区分はさまざまだが、公平に敬意を持って接するのがGAPの伝統だった。

さらには2008年、GAPは店長クラスの社員に対し、自らで働く時間や場所などを決めさせる「究極のフレックス制度」を適用開始した。人事部の志水静香さんは

「1人1人の役割と成果が明確で、上司と部下で確認し合っているので、これができるのだと思う。成果さえ出ていれば、時間では計らない」

と意図を話す。「『早く帰る人ってかっこいいよね』という風に変えていかなければいけない。スポーツをしたり、学校へ行ったり、家族と過ごしたり...。自分で自分を管理できる人でなければならない」

GAPは2008年、7〜9月の毎週金曜は昼で業務を終了する取り組み「サマーアワーズ」(夏季特別休暇)も導入した。受付窓口は13時に閉まり、従業員は早々に帰宅する。店舗に勤務する社員を含めた全社員に適用される取り組みだ。

志水さんは

「たかが半日、されど半日。夏は特に暑いし、生産性が下がる。4時間しかないから、会社に来ない人もいる。でも前提として、成果を出さなければならない。短い時間の間でどれだけ無駄な仕事をなくし、生産性を上げて充実させるかは、自分の責任。(社員を)信頼しないと無理ですね」

と説明した。

ところでGAPの人たちは、どのようにプレミアムフライデーを過ごしたのか。

「きょう、ヨガやってるんです」(志水さん)

GAP本社では、ヨガのイベントが15〜16時半で開催されたのだという。