美しいレイトン・ミースター (c)Imagecollect.

写真拡大

テレビドラマ「ゴシップ・ガール」で知られるレイトン・ミースターが、変えたい過去について明かした。

現在30歳のレイトンは新テレビシリーズ「Making History」に出演。このドラマはタイムトラベルがテーマのコメディーで、レイトンは独立戦争の時に活躍したポール・リビアの娘デボラ役を演じており、デボラは現代から1700年代の植民地時代にタイムトラベルしてきた大学の教授の恋人である。

そんなレイトンは現地時間22日にトーク番組「Late Night with Seth Meyers」に出演し、もし戻ることができるなら、どこに戻りたいかと聞かれた。レイトンは「自分の人生で眉毛を変えられるところだったら戻りたいわ。高校生で、とても細すぎるって時」と答えた。司会者のセス・メイヤーは驚いた様子で、「自分が生まれる前ではなくて、高校生の時に戻りたいの?」と返している。

レイトンにとって、細かった眉毛は変えられるなら変えたい過去のようだ。

美しいレイトン・ミースター (c)Imagecollect.