パク・ソジュン&カン・ハヌル主演「青年警察」3ヶ月間の撮影を終えてクランクアップ…公開準備に突入

写真拡大

パク・ソジュン、カン・ハヌルの共演で話題になった映画「青年警察」が23日、約3ヶ月間の撮影を終えて本格的に公開準備に入る。

「青年警察」は信じられることは専門書籍と若さしかない、二人の警察大学の学生が、目の前で目撃した拉致事件に巻き込まれることから繰り広げられる物語を描いた青春捜査アクションだ。

最近、映画とドラマを通じて活発な活動を繰り広げ、観客たちから大人気を博している俳優パク・ソジュンとカン・ハヌルの初の共演を見ることができる作品だ。

パク・ソジュンは行動が先走ってしまう意欲満々な警察大学の学生ギジュン役を、カン・ハヌルは理論のみを掲げる警察大学の学生ヒヨル役を演じた。正反対の魅力を備えたギジュンとヒヨルは予測不可能、代替不可能なケミ(相手との相性) を披露するものと期待される。

パク・ソジュンは「僕の最も熱い時代を思う存分収めた作品として記憶に残るだろう。後悔ない時間を一緒に作ってくれた監督と同僚俳優たちに感謝し、公開するまで楽しみにしていてほしい」と感想を伝えた。

カン・ハヌルは「素敵な人たちと楽しい環境で撮影できた。人に出会う幸せを感じることができた作品だった。とてもありがたい現場だった」と話した。

「青年警察」は韓国で今年上半期に公開される予定だ。