『日暮旅人』5話にガチのUFO映り込む? 主演の松坂桃李が指摘

写真拡大

 1月より日曜22時30分から放映中の日テレドラマ『視覚探偵 日暮旅人』主演の松坂桃李さんが、何やら意味深なツイートをしており話題になっています。

【関連:松坂桃李が銀魂の「完成度高けーなオイ」なアレつくりたい!?】

 ツイートによると、第5話を見た松坂さんは「前の駅のロータリーのシーン」で謎の飛行物体が飛んでいくのを見た気がしたとのこと。現場で言うと笑われてしまったそうですが、監督が興味を持ち確認してくれたところ「確かに」と。何かが飛んでいたのは勘違いでないことがわかったそうです。松坂さん自身もそういう話がとてもお好きで盛り上がったんだとか。

 実際に日テレ公式「日テレ無料TADA!」にて5話を確認したところ、たしかに32分51秒から57秒の間に松坂さんの頭頂部よりも斜め右上を、微かな光の点が右から左に弧を描いて上っていく様子が映っていました……! 光の点は32分57秒あたりで青い空に溶けていくようにすうっと消えてしまいましたが、SNSを中心に「もしやUFOでは!?」という意見が飛び交っています。

 このような未確認飛行物体は各地で目撃されていますが、放映されたドラマにばっちり映っているというのは非常に貴重です。過去には2015年に放映されたフジテレビドラマ『恋仲』の最終回(9月14日放映)にもUFOらしきものが映り込んでおり、騒然となったことも。

 主演の松坂さん自身がノリノリでツイートしているところを見ると、気分を良くしたUFOが再びドラマの中で姿を現してくれることもあるかもしれませんね!

(大路実歩子)