短期間でアルバムを2枚ドロップしたフューチャー、インタビューで心境を語る「全て出し切る機会を得たことが嬉しい」

写真拡大

 セルフ・タイトルの5thスタジオ・アルバムを2017年2月17日(現地時間)にリリースしたばかりのフューチャーだが、早くも次のアルバム『HNDRXX』(ヘンドリックス)を24日にドロップした。

 Beats 1のゼイン・ロウとのインタビューに応じたフューチャーは、短期間で2枚のアルバムをリリースしたことについて、「マジで俺と音楽にとって特別な時間だよ。じっくり待って全て出し切る機会を得たことが嬉しい。あとそのやり方ね。俺らが段取った方法で“フューチャー”の第2部であるフューチャー“HNDRXX”をファンに届けることができたのは見事だった。ファンも喜んでるんじゃないかな」と話した。“フューチャー・ヘンドリックス”とは彼の分身で、当初彼の2ndアルバムのタイトルになる予定だった。

 その2ndアルバム『オネスト』(正直)を引き合いに出し、「“HNDRXX”はもっとパーソナルだと思う」と彼は明かした。そして、「“オネスト”のアルバムを作っていた時は、ただタイトルとして使っていただけで、音楽的に正直だったわけじゃなかった。でもこのアルバムはそうだ。心を開いて全てさらけ出しすことで気持ちを断ち切って、いくつかのことについてはもう話さなくてもいいようにしたかった」と説明している。

 インタビューではさらに、音楽制作のことで頭がいっぱいで“スタジオ中毒”であることや、エンターテイナーである自分が思うように子供たちとの時間を作れないことのもどかしさ、そして両アルバムで異なる感情を表現したことなどについて語っている。


◎Zane Lowe and Future, Pt. 2
https://itunes.apple.com/us/post/idsa.570e38d0-f9dc-11e6-a09b-81d541eddb6a