腹筋もすごい!

写真拡大

 ドラマ「カルテット」や「おんな城主 直虎」などで人気を集める俳優の高橋一生(36)が、来月1日発売の女性週刊誌「anan」でヌードグラビアに初挑戦した。

 同号は、ananが女性目線で考える“性”にアプローチした「官能の流儀」特集。高橋を表紙に迎えることもあり、大人ならではのエロティシズムを追求したという。高橋は初のヌードグラビアで男女のカップルシューティングにも挑戦し、女性モデルとの情熱的なキスやベッドシーンも披露。見応えたっぷりの全14ページの大型グラビアとなっている。

 高橋は「触れ合うことで、人は肉体を持って生まれてきたんだということがまざまざと分かる。ほんのちょっと誰かの肩に触れるだけでも、その人との距離が近くなります」「官能とは計算されたコミュニケーションの取り方でもあり、意図的にベールをかけること、それ自体を楽しむことが官能につながるのでは」と“官能の流儀”を語っている。(編集部・中山雄一朗)