TONEモバイルの2016年春のキャンペーン

写真拡大

MVNOの「TONEモバイル」は、2017年2月24日から春のキャンペーンを開始した。19歳以下または同一名義で複数台同時契約の利用者に、特典として、(1)「基本プラン月額料金1年無料」または(2)「端末料金1万円値引き」を提供する。対象者は(1)と(2)の好きな方を選択できる。キャンペーン期間は5月31日まで。

全国子ども会連合会が推奨するMVNO

「TSUTAYAのスマホ」がキーワードのTONEモバイルは、15年12月、IT企業のフリービットとTSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)との資本・業務提供によって誕生した。

料金プランは1つだけ。インターネット使い放題と通話基本料を合わせて月額1000円(税抜、以下同)。春キャンペーンの(1)は、最初の1年間を1000円引きで提供するというものだ。

同社のスマホ「TONE」は自社で企画・開発しており、17年2月24日現在「TONE m15」(2万9800円)のみ取り扱っている。上記の(2)を選ぶと、「TONE m15」を1万9800円で購入できる。

TONEモバイルのセールスポイントはシンプルな料金体系だけではない。TONEは、家族の現在地やアプリ一つ一つの利用状況を見守れるサービス「TONEファミリー」のアプリをプリインストールしており、子どもや高齢者が安心して使えると評価されている。昨年11月には全国子ども会連合会の推奨商品として認定された。さらに4月以降実施のアップデートで、MVNOで初めて緊急速報メールの受信が可能となる。

データ通信速度は通常500kpbs〜600kpbsと決して速くないが、NTTドコモのLTEエリア、FOMAエリア、FOMAハイスピードに対応している点は心強い。Tポイントと連携しているのも魅力。