北川景子&小栗旬も共演 (C)住野よる/双葉社
(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会

写真拡大

 浜辺美波と北村匠海のダブル主演で住野よる氏のベストセラー小説を実写映画化した「君の膵臓をたべたい」のティザーポスターが完成し、初披露された。上面には今にも泣き出しそうな浜辺と、どこか遠くを見つめる北村を配置し、下面には憂いの表情を浮かべる北川景子、眉をしかめる小栗旬を切り取っている。

 タイトルとストーリーのギャップで話題を集めた同名小説を、「君と100回目の恋」「黒崎くんの言いなりになんてならない」で知られる月川翔監督のメガホンで映画化。「咲 Saki」の浜辺がヒロイン・山内桜良、「あやしい彼女」「ディストラクション・ベイビーズ」の北村が学生時代の“僕”を演じ、小栗が12年後の“僕”、北川が桜良の親友だった恭子に扮している。

 “僕”は偶然、膵臓の病を患うクラスメイト・桜良が書いた秘密の闘病日記を見つける。それから2人はともに過ごす時間を増やしていくが、その日常は桜良の死で終えんしてしまう。12年後、“僕”は母校の教師になり、桜良との日々を思い出す。同じころ、結婚を目前に控えた桜良の親友・恭子もまた、桜良のことを思い出していた。

 ティザーポスターには、「ラスト、きっとこのタイトルに涙する――。」の文言とともに、「『たべていいよ』  とまどう僕に あの日の君が微笑む」という一文で始まるコピーが添えられている。映画「君の膵臓をたべたい」は、ほか大友花恋、矢本悠馬、桜田通、森下大地、上地雄輔が共演。7月28日から全国で公開される。