まっ平らだと、設計が難しいのかな?

Sonos(ソノス)といえば、家中でさまざまな音楽をオンラインストリーミングできる便利なスピーカーシステム。そのSonosに、どうやら「PlayBase」という新製品が追加されるようです。上画像はB&H ListingやTwitter(1, 2)、FCC資料から流出したものですが、形状を見るにテレビの下に置くことを想定しているようですね。

なお、テレビの下に設置するタイプのスピーカーは音質や振動問題などでオーディオファンの期待を裏切ることが往々にしてあったのですが(Vizio Sound StandやLG Sound Plate等)、ここは高音質だと定評のあるSonosの音作りに期待したいところです。




さらに、2015年に開発されたTruplay機能の活用も楽しみです。これはSonosでテスト音源を再生しながら自分はスマートフォンやタブレット端末をもって部屋を動き回り、その結果からサウンド再生を最適化するというもの。現在のSonos製品はすべてこの機能をサポートしているので、「PlayBase」でも対応の可能性は十分にありそうです。

昨年はレイオフや再編などの苦境もありましたが、同年にSonosのCEOは「有料ストリーミングサービスとボイスコントロールに着目している」と発言。また昨年8月にはAmazon(アマゾン)と提携を発表し、今後は音声アシスタント「Alexa」の機能統合も予定しています。

なおB&H Listingの情報によれば、「PlayBase」の価格は700ドル(約8万円)で今年3月に登場するとのこと。Sonosの賢いスピーカーがテレビ下に設置されたリビングは、どれだけ音楽のシャワーをあびることができるのでしょうか?

・ワンちゃんはレゲエとソフトロックがお好き? 音楽と犬の研究結果

top image: benkoechlin/Twitter
source: B&H Listing, Twitter 1, 2, Federal Communications Commission, Gizmodo US 1, 2, 3, 4, Fortune, Sonos

Michael Nunez - Gizmodo US[原文]
(塚本直樹)