写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ドスパラは2月24日、同社運営の「上海問屋」にて、3Dカメラ「DN-914632」を発売した。価格は税込19,999円。

DN-914632は、スマートフォンとWi-Fiで接続して使う3Dカメラ。スマホに専用アプリをダウンロードすることで、画面を確認しながら撮影が行える。Wi-Fi接続の切断やスマートフォンのバッテリー切れが起こっても撮影は継続される。また、本体の電源ボタンでシャッターを切ることも可能だ。

撮影した動画をスマートフォンに保存し、別売のVRゴーグルと組み合わせると、動画を3Dで楽しめる。3D映像の表示は、一つのフレームに2画面を並べるサイドバイサイド方式を採用。底面にはカメラネジ(1/4-20UNC)を装備しており、三脚やハンドグリップと組み合わせられる。

約200万画素のCMOSセンサーを搭載。内蔵メモリは64GBで、静止画は約65,000枚、動画は約600分の記録が可能だ。容量1,500mAhのバッテリーを備えており、約2時間の充電で最大100分使用できる。サイズはW93×D77×H46mm、重量は約172g。充電用のmicroUSBケーブル(約94cm)などが付属する。