「夏目友人帳」の原作漫画とアニメーションの展示会が大阪の大丸心斎橋店で開催/(C)緑川ゆき/白泉社

写真拡大

 2016年11月に東京で開催され好評を博した「夏目友人帳 大原画展 〜原作漫画からアニメーションまで〜」が、大丸心斎橋店(大阪府大阪市)にて、4月25日(火)〜5月8日(月)に開催される。

【写真を見る】特典付き入場券には、ニャンコ先生と黒ニャンコの缶バッジがついている/(C)緑川ゆき/白泉社

白泉社の月刊LaLaにて連載中のマンガ 緑川ゆき著「夏目友人帳」は、2008年〜2016年までに既に第五期までアニメ化された大人気作品。2017年4月からも第六期「夏目友人帳 陸」が、テレビ東京ほかにて放送を予定している。独特の世界観と人と妖の交流を心温まる作風で描き、幅広い支持を受ける「夏目友人帳」の原作漫画とTVアニメーションから肉筆原画やアニメ資料が一挙に展示される。

また会場では、アニメの主人公 夏目貴志役の神谷浩史、ニャンコ先生・斑役の井上和彦による有料ボイスガイド(600円)や、原画展オリジナルグッズ、サイン入り額装版画などの販売も行われる。原作漫画からアニメーションまで、余すところなく「夏目友人帳」の魅力を体感できる。【関西ウォーカー/千束】