dTVが、漫画「せいせいするほど、愛してる」(小学館)をムービーコミック化/(C)北川みゆき/小学館/BeeTV

写真拡大

3月20日(月)より、映像配信サービス「dTV」では少女漫画「せいせいするほど、愛してる」(小学館)のムービーコミックを独占配信する。

【写真を見る】副社長と部下との禁断の社内恋愛を描く/(C)北川みゆき/小学館/BeeTV

dTVの<マンガ>は、原作をコマ割りして動かし、声優のセリフや効果音など音声を付け加えたムービーコミックで、これまでにも「PとJK」(講談社)や「彼女は嘘を愛しすぎてる」(小学館)などの話題作を配信してきた。そして今回、昨年、TBSにてドラマ化されたことで多くの注目を集めた「せいせいするほど、愛してる」が追加。

同作は、コミック累計発行部数120万部を誇る、北川みゆき原作の人気少女漫画で、同じ会社に勤める副社長との禁断の社内恋愛を軸に、周りの登場人物たちと複雑に絡み合う人間模様を描いた大人の純愛ラブストーリー。

dTV<マンガ>の「せいせいするほど、愛してる」では、主人公のOL・未亜(みあ)の声を大地葉、彼女が恋する副社長・海里(かいり)を、森久保祥太郎が務める。

未亜役の大地葉は「未亜という女性の燃えるような恋心を表現するのはとても難しかったのですが、役者としてのチャレンジ精神に火がついて、演じていて本当に楽しいキャラクターでした。全力を注ぎましたので、ぜひたくさんの方にお楽しみいただければ幸いです! よろしくお願いいたします」と意気込んだ。

また、主題歌はleccaが3月1日(水)にリリースする自身11枚目のアルバム『High Street』の収録曲「残像」に決定。leccaは「dTVマンガ『せいせいするほど、愛してる』の主題歌に、『残像』を選んでいただきありがとうございます。この曲は、恋人との別れを歌った曲なのですが、主人公の未亜のような、切ない恋愛をしている女の子にピッタリの曲です。漫画を楽しみつつ、曲の歌詞もリンクさせながら聞いていただけるとうれしいです」と喜びを語った。