採用活動に「ぬくもり」を取り戻せ 北欧HRスタートアップの挑戦

写真拡大

就職活動のとき、応募先の企業から「不採用」の連絡すらもらえなかった経験はないだろうか。そんなとき、もし自分だけに宛てた丁寧なメッセージが届いたら、きっと企業への印象も違っていたはずだ。

「人材採用」を通して企業と消費者の関係を塗り替えようと目論むのは、ヘルシンキのスタートアップ「TalentAdore(タレントアドア)」。いったいどのようなサービスなのか。共同創業者の2人にインタビューした。

─人工知能(AI)を使ったユニークなサービスを開発されたと聞きました。サービスの具体的な中身について教えてください。

サク・ヴァルカマ(以下S):私たちが開発したソフトウェアは、求人の告知から受付、応募者の評価、そして採用まで、人材採用の全プロセスをオンラインで支援します。

最大の特徴は、採用側の企業が応募者とアクティブにコミュニケーションをとれる点です。応募者は今、自分がどのプロセスにいて、今後どのように選考が進むのかがわかります。また自分が不採用となった場合にも、その理由が書かれた丁寧なメッセージが企業から届くようになっています。

普通、企業は応募者にメールを送るとき、あらかじめ用意したテンプレートを用います。だからすべてのメールが同じような文面になってしまいます。でも私たちのサービスを使えば、応募者ごとにパーソナルな情報を盛り込んで、カスタマイズしたメッセージを自動で作成できるのです。

どうやってカスタマイズしたメッセージを作れるのか説明しましょう。

「TalentAdore」のサービス上では、採用側の企業は応募者が提出した書類(職務経歴書など)を確認しながら、「動機」「性格」「有能さ」など項目別に評価のチェックを入れていきます。すると、チェックを入れるたびに、画面上で返信メッセージが自動的に書き変わっていきます。また、もし文面がしっくりこなければ、リフレッシュボタンをクリックすれば、違うメッセージに変わります。


採用側の企業の画面サンプル。応募者の提出書類をもとに評価項目をチェック(画面右)していくと、瞬時に自動で返信メッセージ(画面左)ができあがる。

─文章の作成に人工知能(AI)を用いていると?

ヨニ・ラトヴァラ(以下J):はい、「ニューラル・ネットワーク」と呼ばれるAI技術を使っています。テキスト(文章)を数学的に処理して、パーソナルで固有のメッセージを生成できるので、応募者全員が違う返信メールを受け取れます。だから、 ”パーソナル”なんです。

もう少し技術的な話をすると、「Semi-Supervised Learning」(半監督学習)という手法を採用しました。文章を作成するアルゴリズムは私たちが教えて、出てきたフィードバックを点数化し、パターンを学習させました。だからアルゴリズムを学ばせてはいますが、こちらでガイドもしています。ランダムに学習させているわけではありません。

ニューラル・ネットワークは中身がブラックボックスでどうなっているかわかりません。だから出てきた文章を点数化して、ネイティブスピーカーにとってどの文章が自然で正しいかを学習させています。その点数に基づいて、AIが最適な文章を生み出しています。

─ものすごく画期的なサービスですね。これを使えば、応募者との連絡にかかる時間をどれくらい短縮できるのでしょうか?

S:たとえば、100人から応募があって、その中から1人を採用するとしましょう。私たちがいくつかのケースを調べたところ、99人に「不採用」の返事を書くのに、平均1,485分かかることがわかりました。これは労働時間にして5日間に相当します。

でもこのソフトを使うと、一瞬で済みます。普通、応募書類をチェックするときは、何らかのメモをとりますよね。そのときにメモではなく、このソフトを使えばいいんです。追加の作業にはあたりません。チェックを入れ終わったら、返信メールの文面も同時に完成しているというわけです。

先日、年間50万人の応募があるという大企業から問い合わせを受けました。彼らが実際に採用するのは、その中の40〜50人だそうです。こういう企業の場合は、このソフトを活用することで、ものすごく作業時間を短縮できます。


TalentAdoreは、2016年冬にヘルシンキで開催されたスタートアップ・イベント「スラッシュ」の起業コンテストに出場し、観客たちの関心を集めた

─メール対応にかかる時間を大幅に減らせるのはメリットですね。

S:はい、でも実は私たちがメリットとして強調したいのは、時間を節約できることよりも、事業のチャンスをいかに拡大できるかということです。

なぜなら応募者が採用活動を通して「よかった」と思える経験をしたら、その会社の製品をもっと買うようになるかもしれないし、周りの人にもそのことを話して、評判が広がるからです。逆に採用活動の印象が悪いと、せっかく会社に興味を持ってくれたのに、今後は買ってくれないかもしれません。これは大きな違いです。

もちろん採用活動の目的は、第一によい人を見つけることですが、それだけではありません。応募してくれた全員をハッピーにして、自社のよい評判を広めてもらうこともできます。

一般的な企業のケースとして、応募者の数は年間で従業員の10倍程度に上ります。たとえば従業員が1,000人の会社なら、年間1万人の応募があります。この1万人を会社の「ファン」にできるかどうかが重要なのです。

J:その1万人は「働きたい」と興味を示しているので、ただの消費者ではなく、「とても重要な消費者」なのです。

S:アメリカには、Glassdoor(グラスドア)という有名な口コミサイトがあります。従業員が会社の経営陣や給与待遇などについて評価できるサイトですが、従業員だけでなく、応募者も採用経験を評価できます。

アメリカで就職活動する人は、たいていこのサイトをチェックして、まず会社の評判を調べます。応募する価値があるかどうかを確認するんです。だれも評判が悪い会社では働きたくないですからね。

─レストランのレビューサイトのように、企業も口コミで評価される時代になっていると。

S:キーワードは「透明性」です。今や、会社の行動は社会にオープンになりました。私たちは、透明性をうまく管理し、採用プロセスが応募者にとって「よい経験」となるように、採用活動のお手伝いをしています。

私たちはこのサービスを単なるコミュニケーションツールではなく、「Virtual Recruitment Assistant」(仮想採用アシスタント)と呼んでいます。

目的は、採用活動に「ヒューマンタッチ(人間的なぬくもり)」を取り戻すことです。応募者は本来、企業にとって重要な「顧客」のはずです。でも残念ながら、多くの企業は応募者をそんなふうに見ていない。中には「無視していい」とすら思っている企業もあります。

─英語とフィンランド語でサービスを展開されています。今後、日本語への対応も考えていますか?

S:もちろん、ほかの言語にも対応したいと思っています。ほかの言語でインタフェースを作るのは簡単です。問題はほかの言語で書くためのAIです。

J:ラッキーなことに、日本語の文法はそれほど難しくないので、その点について不安はありません。フィンランド語のように複雑な活用はありません(※フィンランド語は世界で最も習得が難しい言語の一つとして知られる)。漢字など表記面が複雑なことくらいでしょうか。

S:フィンランド語でできたから、日本語でもできると信じています。フィンランド語版はすでに文法的にも完璧で自然な文章を作成できています。方法がわかっていますので、日本語のフルバージョンも3か月あれば作れる自信があります。

TalentAdore/タレントアドア
2014年創業のフィンランドのスタートアップ。AIを活用した人材採用のコミュニケーション・プラットフォームを英語とフィンランド語で提供する。16年、80万ユーロ(約1億円)の資金を調達。社員数は約10人。

Saku Valkama/サク・ヴァルカマ(44)◎TalentAdoreの共同創業者兼CEO。ノキア・ネットワークスやアンリツなど大手企業でグローバルセールスやマーケティングを担当し、豊富なビジネス経験をもつ。

Joni Latvala/ヨニ・ラトヴァラ(26)◎TalentAdoreの共同創業者兼CTO(最高技術責任者)。アアルト大学を卒業後、人材会社勤務などを経て独立。人工知能や自然言語処理が専門。日本語を含め、6カ国語を話す。

*「フォーブス ジャパン」2017年3月号(1月25日発売)では、フィンランドのスタートアップ躍進の謎に迫るロングルポ「『起業立国』フィンランドの素顔」を掲載中。