ハーパーを見つめるベッカム/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

カナダで家族水入らずの旅行を楽しんでいるデビッド・ベッカム(41)が、前歯を損傷し、歯医者に駆け込んだようだ。

【写真を見る】リフトに乗るベッカムと愛娘ハーパー/写真:SPLASH/アフロ

ベッカム家の長男ブルックリンが、旅行の初っ端からスノーボードで坂を降りる際に雪の上に投げ出されて坂を転がり落ち、鎖骨を骨折。地元の病院に緊急搬送されたが、デビッドは、娘のハーパーにスキーを教えるのに大忙し。

その後もスキーを楽しんでいる様子を何枚もインスタグラムにポスティングしていたが、初挑戦したスノーボードで、ブルックリンと同じような状態で転倒し、前歯を折ってしまったという。

「現役のサッカー選手だった時は、ウィンタースポーツは許されていなかったので、デビッドはここで初めてスノーボードに挑戦したんです。ブルックリンと同様に、ジャンプなどしていたのですが、ボードの先端が雪に突っ込んでしまい、ボードから投げ出されて転倒したために、雪の坂道を転げ落ちてしまったんです」

「デビッドは転倒した際にも騒ぎ立てることなく、とても冷静に対処していました。しかしロンドンに戻って数時間後、前歯を直すために歯医者に駆け込んだようです。前歯を折ったことで、彼に巨万の富をもたらした素晴らしい容姿を失ったとパニックになることはありませんでしたが、モデルの仕事を失うのではないかと心配していたようです」と関係者がザ・サン紙に語っている。

ブルックリンが投稿した、鎖骨を骨折するまでの様子を捉えたビデオは、投稿後4時間で40万回も視聴され、ファンからも心配の声が挙がっていたが、デビッドに関しては(ビデオはないが)、「Eメールのリークに続いてついてないかも」「今年はあまりいい年じゃなさそうだね」「いい年してはしゃぎすぎ。少し静かにしたら」といった冷ややかな声も寄せられている。【NY在住/JUNKO】