2015年12月にリニューアルした露天風呂。奥水間の自然と名湯を満喫できる。宿泊施設や食事処などもあり/松葉温泉 滝の湯

写真拡大

いちご農家が多くある、大阪府岸和田市。中でも、いちご&ケーキバイキングの「いちご畑はる」は昨年よりもいちごが5000株も増え、2017年もパワーアップ。そこで、石窯料理が味わえるカフェや、奥水間の天然温泉など、一日満喫できる南大阪の“いちご狩りドライブコース”を紹介!

【写真を見る】いちご棚がつり下げられているので見た目以上に広く感じる。カフェのようなハウス内でいちごやケーキなどが食べ放題/いちご畑はる

■ <1:11時>ケーキバイキングのいちご園「いちご畑はる」

いちご狩り激戦区の南大阪で人気のいちご園「いちご畑はる」。2016年の春に新設したハウスが、今年もパワーアップして5000株増。新旧ハウス合わせて約3万6000株のいちごは、単独農家では大阪最大級のスケール。いちご&ケーキに、ドリンクやアイスなどの食べ放題はもちろん、例年通り楽しめる。

2016年に登場した新ハウス。食べ放題は、赤い宝石と呼ばれる奈良の人気ブランドいちご「あすかルビー」。いちご棚がつり下げられているので、見た目以上に広く感じる。カフェのようなハウス内でいちごやケーキなどが食べ放題。制限時間も60分と長いのも人気の理由。 ※ハウスの指定は不可。

【ケーキ、ドリンクetc.いちご以外も食べ放題!】ハウス内にはバイキング台&ドリンクバーがあり、4種のケーキにプリン、杏仁豆腐、アイス&ソフトクリームがすべて食べ放題。あすかルビーは、やや酸味のある味がケーキとの相性抜群だ。「土耀、日耀、祝日は満員ですが、生育状況で追加募集も。ホームページでご確認ください」とフロアマネージャーの岡本恒次さん。

■いちご狩りDATA<制限時間:60分、いちご1種 期間:6月上旬まで(予定) 料金:食べ放題大人2500円、小学生2000円、3歳〜1500円、1・2歳500円 予約:要予約 品種:あすかルビー 栽培方法:高設栽培 持ち帰り:500円から/1パック(300g) トッピング:練乳・チョコレートソース・チョコスプレー(無料)>

【次のスポット「蜻蛉池公園」へのアクセス:府道230号線を東へすぐ】

■ <2:12時15分>スイセンが満開の園内を散策!「蜻蛉池公園」

池や緩やかな丘陵地帯に広がる園内で、水辺の散歩や四季の花が楽しめる「蜻蛉池公園」。2月中旬まではスイセンが見ごろ。約8000平米の水仙郷に咲く約6万株のニホンスイセンは圧巻の美しさ。水鳥や展望台など園内は見どころ満載。

斜面に約60000株のニホンスイセンが咲く水仙郷。ベンチもあり、のんびりと観賞できる。展望台は風に運ばれる種子をイメージ。園内はもちろん大阪湾や明石海峡まで見渡せる。

園内にはタワー滑り台(お山の広場)など大型の遊具もいっぱい。また、園内中央の大池ではハクチョウなどの水鳥と親しめる。ハクチョウのエサ(50円)なども販売。

【次のスポット「cafe レストラン 花菜」へのアクセス:府道230号線を東へ、春木町交差点を右折し府道226号線を南へ。約7km・約15分】

■ <3:14時>山間のカフェで石窯グルメ「cafe レストラン 花菜」

元林業のご主人が営むカフェ「cafe レストラン 花菜」。地元の間伐材を使った店内では、石窯の余熱を利用したスープやローストビーフなどの石窯料理が味わえる。なかでも人気はパン&ピザ。石窯の遠赤外線で焼き上げた生地はもっちりとして美味。

自家製ベーコンやチーズを包み焼き上げた石窯PIZZAサンド(1260円、※日・祝は石窯PIZZA1260円)は14時からのメニュー。石窯で焙煎した有機コーヒー(525円)もあり。

木のぬくもりに包まれた店内でカフェタイム。石窯パンなども販売する。

【次のスポット「松葉温泉 滝の湯」へのアクセス:府道226号線を経由し国道170号線を西へ、木積交差点を左折し府道40号線を南東へ。約12km・約25分】

■ <4:15時30分>大自然に囲まれたラドン温泉「松葉温泉 滝の湯」

奥水間の山奥に立つ、一軒宿のような宿泊&日帰り温泉施設「松葉温泉 滝の湯」。地下の花崗岩の亀裂から湧き出る源泉は、不老長寿の湯として知られる天然ラドン温泉。川のせせらぎと奥水間の自然に囲まれて100%天然ラドン温泉に癒されよう。

2015年12月にリニューアルした露天風呂。奥水間の自然と名湯を満喫できる。宿泊施設や食事処などもあり。【関西ウォーカー編集部】