realsound

写真拡大

 講談社主催のオーディションプロジェクト『ミスiD』において、アイドル応援アプリ「CHEERZ」を活用したプレエントリー企画「プレエントリーCHEERZ」が導入される。

(関連:乃木坂46生駒里奈の総選挙14位をどう見る? ミスiDレイチェルが「グループに与える影響」を分析

 『ミスiD』は、「新しい時代にふさわしいまだ見たことのない女の子」を探し世に出すことを目的に、2012年から開催されているオーディションプロジェクト。より長い期間でオーディションを盛り上げていくために、今年からプレエントリー企画が導入されることとなった。

 同企画では、「CHEERZ」ユーザーからの「CHEER(応援)数」上位5名と、ミスiD実行委員会による選考により選出された5名の計10名が、4月からの「本エントリー」での書類選考が免除となり、自動的に6月のカメラテストに進むことができる。「本エントリー」が待ちきれない人や、一般ネットユーザーやファンへのアピールが得意な人向きの選考になっているとのこと。また、「本エントリー」よりも記入要素が少ない簡易エントリーとなっているため、気軽に応募したい人向けの企画でもある。なお、プレエントリーで不選出になった場合でも「本エントリー」することは可能。

 同企画への参加には、3月3日から9日までの間に「ミスiD 2018 プレエントリー」への応募が必要。3月11日にプレエントリー応募者の写真がアイドル応援アプリ「CHEERZ」に投稿され、応募者は3月20日までユーザーからの「CHEER(応援)」を集めることとなる。(リアルサウンド編集部)