アニメ業界初!二次創作で奨励金の受取が可能に。niconico「クリエイター奨励プログラム」

写真拡大 (全5枚)

ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」の「クリエイター奨励プログラム」において、ハンビットユビキタスエンターテインメントの著作物「はがねオーケストラ」のアニメとゲームが、2017年2月22日(水)より同プログラムに対応する。

「クリエイター奨励プログラム」では、これまでも著作物を利用したゲーム等の二次創作に対応してきたが、このたび、同プログラムにおいてハンビットユビキタスエンターテインメントの著作物「はがねオーケストラ」のアニメ(背景・全キャラクター・シナリオ・BGM・アニメーション)とゲームにも対応。アニメ映像の利用が公認されるのは、niconico「クリエイター奨励プログラム」が初であり、アニメ業界としても初の試みとなる。

また、アニメと同時にゲームでも、これまでに公開されていた「はがねオーケストラ」の世界にキャラクターとして登場する「VOICEROID+民安ともえEX(弦巻マキ)」と「VOICEROID+結月ゆかりEX」に加え、「VOICEROID+琴葉茜・葵」についても、今野隼史先生の描く「ちびキャラ」とリアル頭身バージョンのキャラクター素材を新しく公開する。

ユーザーは、「はがねオーケストラ」のアニメ素材を使った動画や、ゲーム実況動画等をニコニコ動画に投稿し、同プログラムに登録後、所定の審査を通過すると、投稿された作品が同プログラムの奨励金支払い対象となる。

なお、「はがねオーケストラ」のアニメ動画の二次創作解禁を記念して、2017年2月22日(水)午後5時より「アフレコ選手権」を開催する。アニメーションの尺の長さに制限はつけず、効果音や字幕の追加なども自由に二次創作した動画を、Team PSGをはじめ、 アニメ内に登場するボーカロイド「結月ゆかり」をプロデュースしているボカロP集団「VOCALOMAKETS」や、「結月ゆかり」によるゲーム実況動画で人気の「きゆみやま」が審査する。入賞者には賞品も用意されている。

※「ニコニ・コモンズ」の素材ライブラリーにて公開されている、タグ「はがオケアニメ」が付けられた素材のみが対象となります。
※クリエイター奨励プログラムの登録には、コンテンツツリーの設定が必要です。
※審査期間中に不適切なものと判断された場合は、動画が削除される場合もございます。





■「アフレコ選手権」特設ページ
■はがねオーケストラ

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
・超歌舞伎「今昔饗宴千本桜」が「クールジャパン・マッチングアワード」でグランプリ受賞
・プロ野球OBの古木克明、門倉健、岩崎哲也、原拓也がニコ生に出演して貴重なトークをお届け
・ニコ生、聖なるバレンタインデーの夜に魅惑の深海“聖”物の写真を2時間スライドショ
・闘会議2017にリアル「ポケストップ」が出現!ピカチュウも登場
・本番はこれから! 闘会議2017、2日目間もなく開催