クリス・マーティンのジョージ・マイケル追悼パフォーマンスを見る

写真拡大 (全2枚)

英国版グラミー賞とも称される音楽賞『ブリット・アワード2017』にて、コールドプレイのクリス・マーティンは、ジョージ・マイケルの感動的な追悼パフォーマンスを披露した。

英現地時間2月22日(水)に、ロンドンのO2アリーナで『ブリット・アワード2017』が開催され、昨年12月25日に急逝した、ワム!のジョージ・マイケルへのトリビュートとして、コールドプレイのクリス・マーティンがパフォーマンスを披露した。

昨年のブリット・アワードでのボウイ・トリビュートに続き、今年はジョージ・マイケルへのトリビュートが行われた。元ワム!のアンドリュー・リッジリー、そしてワム!の諸作でバッキング・ヴォーカルとして参加したペプシ&シャーリーが壇上に登場し、ワム!結成以前からの友人である3人がジョージとの忘れがたい思い出、そして彼のすばらしい才能を讃える追悼メッセージを読み上げると、会場は大きな拍手で包まれた。特にペプシ&シャーリーのふたりは時おり言葉に詰まりながら、涙を流してスピーチ。ジョージへの惜別の思いが伝わってくる感動的なシーンとなった。


アンドリュー、ペプシ&チャーリー Photo by Gareth Cattermole (Getty Images)

アンドリューが「ジョージの不朽なる偉業を称えて、彼の世代における最高のシンガー、ソングライターのひとり、クリス・マーティンです」と紹介し、クリス・マーティンがステージへ。ジョージ・マイケルのソロ名義で86年に発表された『ディファレント・コーナー』のイントロが生ピアノで弾かれ、クリスのまさに絶唱という表現がふさわしい歌声が響き渡る。クリスの背後にはペンライトを掲げた観客、麗しい音色を紡ぐオーケストラ、そして在りし日のジョージを映し出すスクリーンがあり、涙を誘っていた。そして、後半パートに差し掛かるとジョージの遺作となった『Symphonica』ツアーでの歌唱が流れ出し、クリスとの疑似デュエットが実現。不世出のシンガーふたりによる夢の共演に酔いしれる中、プリンスの映像も一瞬インサートされ、涙なくしては見られない演出で幕を閉じた。

ブリット・アワードは英国レコード産業協会(BPI)によって主催されている英国版グラミー賞とも称される音楽賞で、77年から開催されている。最重要賞である「最優秀ブリティッシュ・アルバム」はノエル・ギャラガーがプレゼンターとなって発表され、デヴィッド・ボウイの『★』が受賞。亡きボウイに代わり、息子ダンカン・ジョーンズが故ザハ・ハディッドによるデザインのトロフィーを受けとった。さらに、ボウイは「最優秀ブリティッシュ男性ソロ・アーティスト」も受賞。こちらは元BBCレディオ1の看板DJだったゼーン・ロウが発表し、ボウイが脚本を手がけてNYとロンドンで上演された舞台『ラザルス』で主役ニュートンを務めたマイケル・C・ホールが代理受賞した。