<ドイツの極右政党AfDへの支持率が失速。トランプ米大統領のような「でたらめな政治手法」が、ドイツ人に特有の警戒心を呼び起こしたのかもしれない>

ドイツの極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」の支持率がこの7カ月で最低になった。同じく選挙を控えるオランダやフランスではドナルド・トランプ旋風が極右政党の追い風になっているが、ドイツではあまり効いていない可能性もある。

【参考記事】メルケルを脅かす反移民政党が選挙で大躍進

ドイツのアレンスバッハ世論調査研究所と フランクフルター・アルゲマイネ紙が行った世論調査によると、もし選挙が今度の日曜にあるとしたらどの党に投票するか、という問いに対し、フラウケ・ペトリー率いるAfDと答えた人は8.5%。昨年7月以来初めて10%を下回り、2015年12月以来で最も低くなった。

フォルサ研究所とシュテルン誌が行った別の世論調査でも、AfDの支持率は8%にとどまった。

【参考記事】フランス大統領選で首位を走る極右・国民戦線 「ラストベルト」という悪霊

フォルサ所長のマンンフレド・ギュルナーは、AfDの支持率が下がったのは、トランプ米大統領のような「でたらめな政治手法」は、ドイツ人の警戒心を呼び起こす傾向があるからではないか、という。ドイツ人の多くは、現首相のアンゲラ・メルケルが率いる保守政党CDU(キリスト教民主同盟)か、マーティン・シュルツ前欧州議会議長を擁立する中道左派政党SPD(社会民主党)を支持している。ドイツは今経済が好調で、1990年以来最大の財政黒字を記録したことも既存政党を後押ししたかもしれない。

トランプに同調しそう

AfDはイスラム教徒排斥を訴え、党首のペトリーはトランプの大統領選勝利にツイッターで祝辞を贈っており、トランプに同調する恐れが強い。それならメルケルやシュルツのように伝統的な主流派の政治家のほうが安心だろう。AfDは、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の支持者である点もトランプに似ている。

今週ペトリーはモスクワを訪問し、連邦議会の大物たちと会った。ロシア科学アカデミー・ドイツ研究センターのウラディスラフ・ベロフは、ロシアのAfDに対する関心は「客観的」なものに過ぎず、何ら怪しいところはないと言う。だが、ドイツの小政党でロシアの要人と面会できたのはAfDだけだ。

【参考記事】ドナルド・トランプはヒトラーと同じデマゴーグ【前編】

AfDは、同党がロシア政府から資金援助を受けているという疑惑を否定し、2013年の結党から一貫してロシアとの友好関係を強調してきた。もっとも、東欧との友好関係は1960年代からドイツ政治に不可欠の要素。主流派の政治家も、ロシア政府とは非常に親密なつながりを持っている。

From Foreign Policy Magazine

エミリー・タムキン