北朝鮮の対南宣伝団体である民族和解協議会(民和協)は23日、韓国の保守与党・セヌリ党が党名を「自由韓国党」に変更したことを受けて備忘録を発表。同党は「事大と屈従で塗られた売国逆賊党」であると非難した。朝鮮中央通信が伝えた。

備忘録は、「『自由韓国党』は、米国のシナリオに従って李承晩逆徒を操り人形に推したて、親米『政権』を維持するために組織した『自由党』から『民主共和党』『民正党』『民自党』『新韓国党』『ハンナラ党』『セヌリ党』『自由韓国党』に変身を繰り返してきた」としながら、「事大政治の本山としての汚い本態は一つも変わったものがない」と指摘。

同党は外交では米国や日本の操縦を受ける一方で、国内では労働者たちに困窮をもたらしていると主張している。