3月発表とみられる新型iPad。その一部のモデルについては出荷が2〜3ヶ月後になることが噂されています。

10.5インチ・12.9インチiPadは5〜6月に出荷?

Appleが発表を予定しているのは9.7インチ・10.5インチ・12.9インチのiPadで、9.7インチが廉価版になる、とウェブサイト『DIGITIMES』は報じています。

新しいサイズなのが10.5インチです。このモデルは9.7インチiPadと同サイズながら、ホームボタン廃止・縁の薄型化などで画面は大きくなると考えられています。

DIGITIMESは、これらのうち10.5インチと12.9インチの新型iPadは出荷が5〜6月になるとしています。その理由については触れられていません。

AppleはiPadの需要を過小評価していたこと、製造元にトラブルが発生していることを公にしており、ウェブサイト『Mac Rumors』はこれが原因で現行の『12.9インチiPad Pro』が供給不足になっていると指摘。

このしわ寄せが、3月に発表される12.9インチの新iPadにも来るのではないか、と推測しています。

以前ご紹介した噂では、出荷が遅れるのは10.5インチiPadだけとされていました。

また、DIGITIMESの記事では『iPad mini 4』の後継モデルに言及していません。こちらも以前ご紹介した噂では、7.9インチiPad Proとして発表されると言われています。
新色iPhone 7・新iPadなどを3月に発表か

参考

iPad supply chain makers likely to report disappointing 1Q17 sales - DIGITIMES10.5-Inch and 12.9-Inch iPads May Not Ship Until May or June - Mac Rumors