チョン・ユミ側「映画『念力』は出演の提案を受けた作品の一つ」

写真拡大

チョン・ユミがヨン・サンホ監督の新作への出演について立場を伝えた。

チョン・ユミ側の関係者は24日、10asiaに「ヨン・サンホ監督の新作『念力』は、検討中の作品の一つ」と述べた。

「念力」は偶然、超能力(念力) を持つようになった男が思いもよらない事件に巻き込まれた娘を助けながら展開していくストーリーを描く。

2016年、映画「新感染 ファイナルエクスプレス」で1000万人を動員したヨン・サンホ監督の2作目の実写映画で、リュ・スンリョンが偶然に念力を得ることになった父親ソクホン役で、そしてシム・ウンギョンが思いもよらない事件に巻き込まれる娘ルミ役でそれぞれキャスティングされた。チョン・ユミは悪役を提案されたと伝えられている。