写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ハーマンインターナショナルは2月24日、JBLの2.1chホームシアターシステム「CINEMA SB450」を発表した。発売は3月3日。価格はオープンで、直販価格は税別59,980円。

CINEMA SB450は、サウンドバーとサブウーファーを組み合わせた2.1chホームシアターシステム。4Kパススルーに対応し、Ultra HD Blu-rayの映像や音声を最上位フォーマットのまま入力できる。

最大出力は総合440Wで、独自の「HARMAN Display Surround」モードにより迫力と臨場感を再現。Bluetooth 3.0に対応し、スマートフォンやタブレットなどの音楽を手軽にかけられる。

サウンドバーとサブウーファーはワイヤレスで接続。HDMI端子はARCをサポートしており、テレビとはケーブル1本で接続できる。サウンドバーは、付属の金具を使うことで壁掛けが可能だ。

専用リモコンが付属するほか、「TV Remote Control Learning リモコン学習機能」を搭載。これにより、電源のオンオフ、ボリューム調整、消音の操作を、テレビ用リモコンからコントロールできるようになる。